2017/12/11

自転車でぐるっと一周☆ブルターニュ地方に行ったら一度は行きたい可愛い小島 Île de Batz

Bonjour à tous !
アンサンブルフランス語講師のDaisukeです。

ブルターニュ地方に行ったら、
是非訪れていただきたい、とってもかわいらしい小島、
Île de Batz (バ島)をご紹介します。


先ずは地図で場所を確認しましょう。


google map より引用

対岸のロスコフ(Roscoff)という街から、歩いていけるのでは?
というほど至近距離にある、周囲10kmほどのとっても小さな島です。


ロスコフからバ島を望んで。歩いていけそうなほど近いです。

島の最高地点でも海抜平均23mしかなく、
満潮時には島全体が沈んでしまうのでは?と思うほどです。
(もちろんそんなことはありません!)


何故、海抜が「平均」23mなのかというと、
この地域は潮の満ち引きの差が激しく、
干潮時と満潮時では海の高さに10m近い差があるためです。



船着き場へ向かう桟橋。干潮時は完全に干上がっています。



潮が満ちてくると、先ほどの桟橋は完全に海に浮かんだ状態になります。

長い桟橋をてくてく歩いて船着き場へ向かいます。
「これだけ長い桟橋をかけるなら、バ島までつなげてしまえばいいのに」
とつぶやいてしまった僕に、隣にいたおじさんが
「でも、船で行く方がロマンチックだろ~?
と笑いながら答えてくれました。

確かに船の方がワクワクしますよね!


海がキラキラと輝いていました。



バ島の桟橋。満潮時は完全に水没するため、乗り降りの場所がまったく違います。



灯台から。対岸はロスコフの街並みです。


1836年に建てられた歴史ある灯台。

180年以上前に建てられた、歴史ある灯台に上ってきました。
高所恐怖症なのを完全に忘れていて、44mの高さに完全に動けなくなりました。


今も現役で活躍しています。



レンタサイクルを利用したので、移動もラクラク。

徒歩でも充分見て回れるほどの広さですが、
滞在時間が短い人は、レンタサイクルがお勧めです。


小島とは思えないほど広々とした印象です。




農業と観光が主な産業です。



ジョルジュ・ドラゼル庭園
僕は到着が遅かったため、ジョルジュ・ドラゼル庭園(Jardin Georges Delaselle)
に入ることはできませんでしたが、
世界中の1700種以上の植物が植えられている庭園です。



帰る頃にはすっかり海面が上昇していました。

Île de Batzを散策すると、とってもゆったりとした気持ちになりました。

皆さんもブルターニュ地方を訪れることがあれば
是非訪れてみてくださいね!

Île de BatzのHPは→こちら←

それでは、また!
Kenavo!(ブルトン語で au revoir ! )


応援のクリックを
どうぞよろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓
 
 にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村 

http://ensemblefr.com/

 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!


2017/12/07

第二次大戦当時のブルターニュを知ることができる、博物館をご紹介☆

Bonjour à tous !
アンサンブルフランス語講師のDaisukeです。

ブルターニュ地方にホームステイして、あちこち巡っていたのですが、
今回は、つい最近オープンしたばかりの興味深い施設をご紹介します。

Musée Mémoire 39-45 全景。

その名もMusée Mémoire 39-45

第二次世界大戦時に使用されたブロコスをそのまま利用しています。
ブロコスとはドイツ語のBlockhaus(トーチカ・防塞・司令塔)をフランス語読みしたもので、
ブルターニュ地方、特にフィニステール県の海岸線で数多く見られます。

1939年~1945年の第二次世界大戦時のブロコスの様子、
人々の暮らし、兵士の手紙などが展示されていて、
防空壕で空襲の様子を体験できる施設もある、大きな博物館です。

地下3階のドイツ兵がブロコス内で実際に生活していた様子が再現されています。

博物館はほとんどが地下部分で、実際のブロコス跡をそのまま利用して
当時のドイツ軍がどのような生活を送っていたのかが、忠実に再現されています。


博物館内では、当時のブロコス内での生活音があちこちから聞こえてくるため、
実際にその時代にタイムスリップしたような感覚になります。

実際の廊下。兵隊が上層階を走る音などがリアルに聞こえてきます。

地下3階はドイツ兵の当時の暮らしの様子が再現されています。
地下2階から地下1階は、武器や兵器の展示、戦場の様子などの展示スペースです。

ナチス監視のもと作業にあたるフランス人の様子


ユダヤ人強制収容所の様子を記した展示。

実際に収容されていた人が来ていた服。

一番恐ろしかったのは、防空壕で空襲を体験する部屋。
本当にその場にいるような臨場感で、心臓の弱い人や子供は注意しなければいけません。

その中の様子を少しだけお見せします。※音量に注意してください。

ブロコス内から大西洋を望んで。

今は美しい景色が広がっていますが、当時はこの場所から
銃を撃っていたのかと思うと、少し怖くなりました。

当時実際に使用されていた機銃砲

いかがでしたでしょうか?
ブルターニュの牧歌的な雰囲気からは想像もつかないような
第二次世界大戦当時の様子。

フランス文化を学ぶ上でもとてもよい刺激になりました。
決して戦争を繰り返してはいけない、とあらためて思うこともできました。


ちなみに、この博物館は、
La Pointe Saint Mathieu(サンマチュー岬)という絶景ポイントから
500mの距離にあります。






どちらもとても素晴らしいところですので、
ブルターニュへお越しの際は、
是非足を運んでみてくださいね!

Musée Mémoire 39-45 のHPは→こちら←

それでは、また!
Kenavo!(ブルトン語で au revoir ! )


応援のクリックを
どうぞよろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
 

 
http://ensemblefr.com/

 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2017/12/05

始めよう!ビデオ講座でスムーズ学習☆(26)

Bonjour à tous ! 
フランス語講師のDaisukeです。

さあ、今回は皆さんお待ちかねの

「文法58課 条件法1」編

のご紹介です!

「条件法」と聞くとなんだかとても難しそうですよね。

でも、実はフランス語学習初期の段階から
頻繁に使っている、とっても身近な存在なんですよ☆

「パンを一つ買いたいのですが」

ほら、これを聞くと
自然とフランス語のフレーズが頭に浮かんできませんか…?

この58課では、
フランス語で会話する際に必ず耳にし、口にする
条件法の表現と活用がマスターできるようになります。



今回は、文法解説(1)をのぞいてみましょう!

※画像は加工しています。詳しくはビデオでご確認ください。

同じ単語の中に未来と過去が混じっているって、
なんだかとっても面白いと思いませんか?

Miwa先生によると、
「ある時制の活用と条件法の活用を決して混同しないように」
とのこと。

それだけ間違えて覚えてしまう人が多いということですね。

いつもの通りMiwa先生は
優しい声で「活用は言えますか?」と…。

ビデオ講座であろうと、
決して「また今度確認しておきまーす」と言わせない
ちょっぴり厳しいMiwa先生。

わからないことは後回しにせず、
その場で必ず確認をし、理解しておく。
語学学習を行う上でとても大切なことなんです。

自主学習ではつい後回しにして、中々覚えられないことでも、
ビデオ講座では、常に記憶から呼び起こして確認するので、
しっかりと記憶に定着させることができます。

「ある時制の活用」が気になりますよね…

ここから先は、Miwa先生が詳しく説明してくれていますので、
ビデオ講座を受講して確認してくださいね☆


まずは無料視聴でビデオ教材の良さを実感してみてください!


次回もビデオ講座の魅力をお伝えしますので、
どうぞお楽しみに!



アンサンブルのビデオ講座が気になる!
という方はぜひクリックお願いします
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://ensemblefr.com/

 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2017/12/04

子供たちが待ち遠しい ♪ 12月6日の“聖二コラの日”について

Bonjour, c’est Yohann.
 

Le 6 décembre prochain, une fête presque aussi importante que Noël va avoir lieu, c’est la Saint Nicolas.

Peu connue au Japon (voire pas du tout), c’est un évènement que les enfants attendent avec une certaine impatience. Mais qu’est-ce que c’est ? Explications.

Saint Nicolas est un homme qui serait à l’origine du père Noël avec la longue barbe blanche et son manteau coloré qui aurait vécu près de 400 ans avant Jésus Christ. Selon la légende, il aurait ressuscité des enfants qui avaient été tués par un boucher. Pour son geste, cet homme saint est donc devenu celui qui protège les enfants.

Saint Nicolas est particulièrement célébré dans l’est de la France, particulièrement en Lorraine, mais aussi en Belgique et en Allemagne. On dit que c’est un Lorrain qui a récupéré les reliques (les os) pour les rapporter dans la ville de Port. Cette cité est devenue un lieu de pèlerinage avant d’être renommée Saint Nicolas du Port.

Chaque année le 6 décembre, un défilé est organisé dans la rue où Saint Nicolas parade en distribuant des bonbons aux enfants. Il est aussi courant de manger des brioches en forme du personnage, des mandarines ou des sucreries variées.

Saint Nicolas est toujours accompagné d’un autre personnage habillé en noir et effrayant, c’est le Père Fouettard. Il est là pour faire peur aux enfants et il distribue du charbon à ceux qui n’ont pas été gentils. Durant la parade, le public siffle et hue le Père Fouettard qui fait semblant de s’énerver et grogne.

Si vous vous trouvez dans la région à ce moment-là, ne passez pas à côté de cet événement familliale.




関連イメージ画像


応援のクリックを
どうぞよろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://ensemblefr.com/
 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ
http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!