2018/10/26

新しいフランス語講師 Paméla先生 をご紹介します

Bonjour !
今年の夏にデビューしました、ベテラン講師Paméla先生の自己紹介ビデオです。
腕の立つ熟練指導をされると、早くもご好評いただいています。


Paméla先生 


経歴/2015年より高等学校にて英語とフランス語の講師、20016年より大学にてフランス語会話講師、2017年よりフランス語個人レッスン(さまざまなレベルに対応)
学歴/イルドフランスのアリアンスフランセーズでDAEFLE取得。ノルマンディーのルーアン大学にて言語学の学部3年生の通信教育を受講中。
言語/フランス語(母語)、英語(C2)、日本語(B2)
得意分野/フランス語グループレッスン全レベル、個人レッスン全レベル、特定の目標に沿ったフランス語習得、会話レッスン、文化に関するレッスン、旅行・ワイン・歴史に関するボキャブラリー習得、ケベックフランス語学習
趣味/スキー、ジョギング、読書、料理、ワイン
好きな休日の過ごし方/日中は自然の中や街での散歩、晩は友人との外出。冬にはスキーや雪山をトレッキングするのが好きです。
好きな食べ物/チーズ、野菜、肉。辛いものも好きです。
好きな飲み物/水。軽食とともに飲む赤ワインも好きです。
嫌いな食べ物/納豆、フルーツ



自己紹介、メッセージ/
Bonjour ! Pamélaといいます。2014年から北海道に住んでいます。 美しいノルマンディー地方から来ました。 2015年に日本の高校でフランス語を教え始めました。フランス語を教えたり、レッスンやそれ以外の様々な活動でフランス文化を伝えることが大好きです。日本を旅することや、日本の歴史を学ぶことも好きです。


レッスンスタイル/
初級
/
自分や家族についてシンプルに話す、ポストカードのメッセージのような、簡単で短い文を理解する。自分の好きなことや過去の出来事について話す力をつける。
中級
/
中級の生徒様には、より複雑な事柄を表現できるよう指導します。例えば感情を表現したり、議論できるようにします。
上級
/
中級で学んだことをより強化します。また慣用表現やいろいろな語調を身に着けます。細かなニュアンスについても詳しく掘り下げます。
全レベルに共通するメソッド
/
言語を習得するということは、その言語でコミュニケーションがとれる、相互理解ができるということを意味すると考えています。コミュニケーションをとるためには言語を知るだけでなく、その背景にある文化を理解することが必要です。そのため語学講師として、言語と文化をお伝えすることを大切な目標として掲げています。そのためには動画、記事、歌などさまざまな教材を用いて学習をします。



気さくで温かいPaméla先生
応援のクリックをお願いいたします♫
Paméla
先生とSkypeレッスンでお会いしましょう
  
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

 
http://ensemblefr.com/
フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ
http://ensemblefr.com

 http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

 http://info.ensemblefr.com/
△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!△

2018/10/23

フランス文学の王道、ヴィクトル・ユーゴー 『ノートルダムの鐘』一考察


Lhistoire
Avant d’être une adaptation très libre et édulcorée du studio Walt Disney, Notre-Dame de Paris signé Victor Hugo, est un roman sans concessions qui dépeint une époque gangrénée par la terreur et la pauvreté où les exécutions sont à la fois un spectacle et une formalité.  Et pendant que le peuple se meurt, le machiavélique Roi Louis XI mène lesprit tranquille une vie plus que confortable. Cest de ce climat austère que démarre l’œuvre monumentale de Victor Hugo.

Victor Hugo, qui interviendra beaucoup dans le roman, met aussi un point dhonneur à montrer linvestissement et lingérence de l'Eglise catholique dans les affaires de lEtat au travers de Claude Frollo, homme austère et torturé qui fait preuve de bon sens en certaines occasions et beaucoup de déraison en dautres.

Les personnages
Le roman ne repose pas uniquement sur les épaules émaciées de larchidiacre (Claude Frollo). Louvrage est composé dune grande variété de personnages. Nous avons bien évidemment le bossu de Notre-Dame, monstruosité au grand cœur voué corps et âme à son maître et à la cathédrale. Il y a aussi La Esmeralda, autre personnage capital de louvrage. Cette dernière élevée par des bohémiens et des brigands tombe amoureuse du capitaine et coureur de jupons Phœbus de Châteaupers et connaît un destin tragique. Sans oublier le fantasque Pierre Gringoire, individu lunaire et dramaturge incompris qui tombe aux griffes des brigands et devient bon an mal an lun des leurs.

Notre-Dame
Enfin lon pourra mentionner un autre personnage bien plus important encore : Notre-Dame de Paris. Lanecdote qui suit illustre au combien le monument avait un rôle décisif dans le récit. Pour la traduction anglaise du titre de louvrage les exégètes décidèrent dopter pour The Hunchback of Notre-Dame (Le Bossu de Notre-Dame). Le titre déplut fortement à Victor Hugo. Pour la simple et bonne raison quil mettait trop en avant le sonneur de cloche et pas assez la cathédrale. En effet ce sont bien plutôt les personnages et les événements qui gravitent autour de la cathédrale et non pas linverse.

Etant un grand admirateur de lart gothique, Hugo voulait aussi attirer lattention sur la splendeur qu’était larchitecture de la cathédrale. Cest parfaitement remarquable pour les lecteurs les plus patients, Victor Hugo consacre un chapitre entier à lhistoire et à lagencement du monument où il décrit avec beaucoup de soin et dexactitude sa métamorphoses au fil des siècles et les différentes modifications plus ou moins heureuses quil a subies.

Conclusion
Ouvrage abyssal dont la longueur pourra peut-être décontenancer les lecteurs les moins téméraires mais il serait dommage de passer à côté dun des piliers de la littérature française. Gageons que ses thèmes intemporels ainsi que la splendeur du style de Hugo parviendront à tenir en haleine les lecteurs les moins acharnés. 

Extrait du chapitre I du livre troisième :
« Sans doute cest encore aujourdhui un majestueux et sublime édifice que l’église de Notre-Dame de Paris. Mais, si belle quelle se soit conservée en vieillissant, il est difficile de ne pas soupirer, de ne pas sindigner devant les dégradations, les mutilations sans nombre que simultanément le temps et les hommes ont fait subir au vénérable monument, sans respect pour Charlemagne qui en avait posé la première pierre, pour Philippe-Auguste qui en avait posé la dernière.

Sur la face de cette vieille reine de nos cathédrales, à côté dune ride on trouve toujours une cicatrice. Tempus edax, homo edacior. Ce que je traduirais volontiers ainsi : le temps est aveugle, lhomme est stupide.

Si nous avions le loisir dexaminer une à une avec le lecteur les diverses traces de destruction imprimées à lantique église, la part du temps serait la moindre, la pire celle des hommes, surtout des hommes de lart. Il faut bien que je dise des hommes de lart, puisquil y a eu des individus qui ont pris la qualité darchitectes dans les deux siècles derniers »[1]

 Rédigé par Emile

[1]Victor Hugo, Notre-Dame de Paris, p.187, livre de poche classique, 1831 (2018)

応援のクリックを
どうぞよろしくお願いいたします。
  
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
http://ensemblefr.com/
フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ

 http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中
 http://info.ensemblefr.com/
△フランス情報なら FRANCE 365 △
 
△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!△


2018/10/10

ブルターニュ地方には不思議な巨石がたくさん☆カルナック列石をご紹介します!

Bonjour à tous!
アンサンブルフランス語講師のDaisukeです。

今回のフランス滞在期間中に絶対行っておきたかった
不思議な巨石がたくさん並んでいる
カルナック列石ロクマリアケールの大きな壊れたメンヒル
に行ってきましたので、ご紹介します!

カルナック列石

以前に、「ブルターニュには不思議な巨石文化がある」
とアンサンブルブログでご紹介したことがあります。
ブルターニュ地方の不思議な巨石文化「ドルメン」「メニール」

テーブルの様な形のものを「ドルメン(Dolmen)」石の机、と呼んで
垂直に立っているものを「メニール(Menhir)」長い石、と呼びます。
※メニールは日本語ではメンヒルと発音されます。

フランスの左上のピョコっと飛び出した部分、ブルターニュ地方は、
アイルランド(北アイルランドを含む)、スコットランド、ウェールズ、
マン島、コーンウェルと共に「ケルト諸語圏」とよばれる地域を構成する一地域です。


ケルト文化と言えば、バグパイプや独特の音楽、
男性がスカートの様な伝統衣装が有名ですよね。



そして、その他にもストーンヘンジに代表されるような
巨石遺跡もケルト文化の大きな特徴です。


まずその石の数と広大な範囲にわたって
大きな石がきれいに並んでいることで有名な
カルナック(Carnac)列石からご紹介しましょう。



小さいものは高さ50㎝程、中くらいのもので2m前後、
大きいものになると6m近くの巨大なものもあります。


横一列に並んでいるのがわかります。
更に進むと…


高さが3m近くもある大きな石がたくさん現れました。
そして…


広大な敷地に整然と並ぶ列石群が出現しました。



この巨石群は、3つの大きなメニール群が、総延長4㎞にわたって続きます。
凄い規模ですよね。


こうやって建物と比較するととても大きな石が並んでいるのがわかります。

紀元前5000年~2000年頃の間に建造されたとされていますが、
何の目的で造られたのか、その目的ははっきりとはわかっていません。
お墓、精霊とのコンタクトの場所、天文学装置、巨人が建てた、
など様々な説があります。

さて皆さんは、何のためにこのカルナック列石が建てられたと思いますか?

最後にカルナックの場所を確認しておきましょう。



次回はロクマリアケールの大きな壊れたメンヒルを紹介します!

応援のクリックを
どうぞよろしくお願いいたします。

  
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


http://ensemblefr.com/
フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ
http://ensemblefr.com

 http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

 http://info.ensemblefr.com/
△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!△