2017/01/16

votreとvôtre 微妙な発音の違いをしっかり区別しよう☆

Bonjour !
アンサンブルフランス語講師のDaisukeです。

 好評をいただいていた、「ブログで極めるフランス語」
111回をもって最終回を迎えました。

 その第110回「書くときに迷ってしまう!"votre"と"vôtre"」の回で、
二つの発音が「ほとんど同じ」と解答編では書かれていましたが、
そのほんの少しの違いについて、今日は書きたいと思います。

http://ensemblefr.blogspot.jp/2016/12/votrevotre-vol110.html

 フランス語には
「書くとわかるけど、発音上だとどっちかわからない!」
というものがよくありますが、実は、ほんのり発音が違っていて、
よーく耳をすませば、聞き取ることができることもあります。

例えば、先ほどの votre (所有形容詞) と vôtre (所有代名詞)。

文法的な違いは「ブログで極めるフランス語」で確認していただくとして、
こちらでは、そのかすかな違いに焦点を当てていきましょう。

・votre (所有形容詞) vɔtr  ヴォーtr 
⇒オは「開口のオ」、少し口を開いた明るい響きのオ

・vôtre (所有代名詞) votr  ヴォtr 
⇒オは「閉口のオ」、口をすぼめて発音します。
あまりのばさずに短く発音するのが特徴です。

さて、どうしてこんなことが起こるのでしょうか?
これは、この山の様な形のアクサン「accent circonflexe」が持っている性質」に由来します。

アクサンは
・発音を変える、発音を決める役割のもの(accent aigu / accent grave / tréma)
・かつてそこに子音があったよ、という証のaccent circonflexe
の二種類に分かれます。

発音を変える、発音を決めるものは、

météo  メテオ (天気予報)
grève  グレーヴ (ストライキ)
maïs  マイス (トウモロコシ)

の様に、アクサンが付くことによって、e を「エ」と発音したり、
本来フランス語で ai は「エ」と読むところを「アイ」と発音します。

しかし、accent circonflexeは、発音を変える為につけられているわけではありません。

例えば頭という意味のune tête
発音はtɛt テットゥ。
あれ?ê を「エ」と読ませてるじゃん!この嘘つき!
と思うかもしれません。

実はこれ、「accent circonflexeがついている」から
「エ」と発音してるわけではないのです。

accent circonflexeは、
「その昔、その母音の後ろに何か子音がついていたよ、今はそれが脱落してるんだよ」
という意味を表すマークです。

脱落した子音は「s」であることが多いのですが、tête ももともとは
teste という綴りであったと推測されます。
フランス語はe の後に子音が二つ以上連続すると e を「エ」と読む法則があるので、
これは「テストゥ」と発音します。

そして、時が流れていつの間にやら s が脱落して、
代りに e の上にアクサンシルコンフレクスが付けられました。
その名残で、今もそこに s があるかの様に発音する為、
「テットゥ」と発音するわけです。

さあ、ここまでよろしいでしょうか?
なんだかややこしいですが…

そして、本題の所有代名詞の vôtre。

これもかつては vostre であった(と思われます)ので、
ヴォスtrとまずは発音しておきましょう。
その時の口の形、発音を覚えておいてくださいね。

では、現代にもどって、vôtre を発音してみましょう。
今もそこに s があるように、だけど s は発音しないように注意して…
ほら、口をすぼめた、少し短い発音の「オ」になりませんか?
これが、accent circonflexe の役割です。

ここで注意していただきたいのは、
accent circonflexe がついているからと言って必ずいつも同じような発音になるとは限らない
ということです。

accent circonflexeは、あくまでも「もともとそこの子音があったように発音する」がポイントですので、
綴りによって、「開口のオ」になったり「閉口のオ」になったりします。
また、同じような綴りでも、後ろに続く文字配列によって
発音が変わることもありますので、必ず辞書で発音記号を確認してくださいね!

さあ、では以下の単語は一体どのように発音するでしょうか?

「え?なんで?」というものがあるかもしれませんが、
そういうものを見つけるのも、発音習得の醍醐味かもしれません。

・hôpital  病院
・ôter  脱ぐ、取り除く
・contrôle  検査、制御
・côte  肋骨
・hôtel  ホテル

à très bientôt !



応援どうぞよろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中





△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします




フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!




2017/01/13

Une fois のお役立ち表現 <<〜するとすぐに>>
【"気づき"のフランス語】

Bonjour à tous! 講師のMiyukiです。

第3回目の"気づき"のフランス語ブログ、
どうぞ最後までおつき合いいただけると嬉しいです◎


さて、今回は副詞「すぐに」のフランス語、
特に直前の動作から...するとすぐに」の表現についてお話させていただきたいと思います!

一般的に日本語の「すぐ【直ぐ】」には様々な意味がありますが、
フランス語でこの意味を分類すると、
直ちに tout de suite, aussitôt, immédiatement
短時間で en un moment, (すばやく) vite, rapidement
まもなく bientôt
容易に facilement
間近 (tout) près, juste [場所]

上記のようになります。
すぐ」そのものに多くの意味がありますよね。フランス語も同様なのがわかります。

今回は①「直ちに」のフランス語について、学習していきましょう!

<例:すぐに
・Venez tout de suite [immédiatement]. すぐに来てください。
・J'ai répondu aussitôt à sa lettre. 私はすぐに彼に手紙の返事を書いた。

<例:すぐに...するne pas tarder à 不定詞
・Il n'a pas tardé à s'en apercevoir. 彼はすぐにそれに気がついた。
Ma mère n'a pas tardé à venir m'aider. 母はすぐに手伝いに来てくれた。

<例:...するとすぐに
aussitôt que 直接法 , aussitôt 過去分詞
dès que 直接法 , dès 名詞

Aussitôt que j'ai appelé, il est accouru. 私が電話するとすぐに彼は駆けつけて来た。
 Aussitôt rentré, il s'est couché. 彼は帰宅するとすぐ寝た。
 Il a vendu sa maison aussitôt après la mort de son père. 彼は父親が死ぬとすぐに家を売り払った。

②Nous partirons dès qu'il sera arrivé. 彼が到着したらすぐ出発しましょう。
 Elle doit se présenter à la police dès son retour. 彼女は帰ってきたらすぐ警察に出頭しなければならない。

上記の①②に加えて、une fois を使って「...するとすぐに」を表現することができます!


une fois + 過去分詞[場所の副詞句]>ひとたび...するなり

Exemples:
Une fois reconnue, elle s'est prise pour une reine. ひとたび認められるなり、彼女は自分を女王様と感じた。 
Une fois dans sa chambre, il est tombé sur son lit. 部屋に入るなり彼はベッドに倒れた。
Une fois dehors, je me suis mis à courir. 外へ出るなり、私は駆け出した。


この「ひとたび」というニュアンスが aussitôt , dès que 「すぐに」の表現と同様に使われるんですね。


ここまで、いかがでしたでしょうか?

次回も日常会話でのワンポイント"気づき"のフランス語を紹介させていただきます!





今回もいかがでしたか?
"気づき"のフランス語
次回もお楽しみに( ^^) _U~~

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中





△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします




フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2017/01/11

1月16日リリース!ビジネス会話テキストのこだわり

Bonjour à tous ! フランス語講師のMiwaです。

アンサンブルオリジナルの新教材

ビジネス会話テキスト(全40個)ですが、

1月16日にリリースが決定しました!

テキストのダウンロード一覧ページに
本教材のリンク表がドーンと公開されますので、
アンサンブルメイトの皆さんはぜひぜひご覧になってくださいね☆彡

当校のテキストは会員様のみに無料で配布しております、
文法、旅行、発音…その数300個以上!気になる方はこちらよりご覧いただけます。


さてアンサンブルの「ビジネス会話テキスト」、
リリース前最後のお知らせをさせていただきますが、今回は

ビジネス会話テキストの隠れた工夫とこだわり

についてお話ししたいと思います。

11の項目について40個ある本テキストですが、
全体に一貫性を持たせたいという思いから

ダイアログ(冒頭の会話文)はストーリー形式となっており
主人公となる人物が一人います。

その主人公とは、こちらの日本人女性Naomiさんです!
フランス人の友人に就職の相談をしているようです。


テキストはNaomiさんの就職活動を追う形で進行していきます。

こちらは電話対応をするNaomiさんです、
だいぶ新しい職場に慣れてきたみたいですね。


そして最後のほうでは…

なんと、クライアントと商談するまでに出世?しております!


このように、課を追うごとにNaomiさんの成長ぶりがうかがえるので、
テキストにより親近感と愛着を持っていただけると思います(o^^o)

「ビジネス会話」と聞くとカタそうなイメージを持ってしまうだけに、
親しみやすい空気の演出にこだわってみました!

とはいえ、1~40まで順を追って学習する必要はありません。
各テキストは「履歴書を準備する」のように明確なテーマを持っているため、
個別にランダムに学習することも可能です☆

というわけで、
既存のビジネス会話テキストとは一味も二味も違う
アンサンブルの本教材に少しでも関心を持っていただけたのであれば
作成リーダーとしてこのうえない喜びです。

1月16日のリリースをどうぞお楽しみに♫


主人公Naomiさんのストーリーが気になる方、
ぜひ応援のクリックお願いします(^o^)/
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします




フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!


2017/01/09

料理が大好きな友人のホームパーティーへ

Bonjour !
スタッフMikiです。

2017年もあっというまに数日が過ぎ、
早くも時の流れを感じます。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

先日、お料理が大好だというフランス人友人の家にお呼ばれして、
泊まりがけで出かけてきました。

場所はリヨン(Lyon)から車で1時間ほどの田舎町。
友人は元パリジャン(parisiens)のカップルなんですが、

もう都会は住みたくないということで、

20部屋以上(!)ある古い学生寮を購入し、
2人で毎日ブリコラージュ(le bricolage = DIY)しています。

近い将来、貸し部屋を営んでのんびり暮らしたいとのことで、
元社長である彼のセミリタイヤのお祝い?も兼ねて向かいました。

まずは前菜(l'entrée、女性名詞)
サーモンのタルト、きゅうりとトマトのヴェリーヌ

ヴェリーヌ(la verrine)
ガラス製の小さな器に入ったお料理やデザートのことで、
レストランやパーティによく出てきます。


前菜その2:ビーツとフロマージュブランのミルフィーユ!


ビーツのフランス語名はbetterave(べトゥラーヴ)
女性名詞です。ご存知でしたか?

ちなみに、日本人が「ミルフィーユ」と呼ぶものは、
millefeuille(ミルフイユと発音するため気をつけましょう!
しかもle millefeuille、男性名詞です!

でないと、「ミルフィーユ=mille filles=1000人の女の子たち」
に聞き間違えられてしまいます(^^;;

こちらの「ミルフイユ」とても美味しかったです!
偶然にも翌週行った星付きレストランでも同じものをいただきましたが、
今フランスではこういうスタイルが流行っているのでしょうか。

メインのお料理(le plat principal)
牛肉のオーブン焼き(le rôti de bœuf)
ジューシーで柔らかくて、至福のお味でした♥

そしてお楽しみにのデザート(le dessert)
洋梨と(la poire)フレッシュクリーム(la crème fraîche)のヴェリーヌ
さっぱり美味しくいただきました、ご馳走さまでした!

フランスでは「友達と外に飲みに行く」というのはさほど多くなく、
たいていの場合、仲良くなるとその人の自宅に招かれます。

人を家に招待するのが好きなフランス人たちは、
どのお宅もとてもきれいに片付いていて
インテリアにもこだわりがあり、
見るだけでとても楽しい気分になります。

自宅をリラックスした空間にすることが上手な
フランス人たちからは、学ぶべきことが沢山あります。

ああ、私の家も気をつけなきゃ。
2017年も頑張るぞ~!


今年もアンサンブルのブログが楽しみという方、
ぜひ応援のクリックをお願いします(^o^)/
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中





△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします




フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!


2017/01/07

フランス語講師 Yohann先生

Bonjour !
Yohann先生の自己紹介ビデオが完成しました。

FLE所持、温厚な性格で、豊富な経験をもとに
生徒様がリラックスしてフランス語で話せるレッスンをご提供します。



Yohann先生 

経歴/講師歴2011年より 富山県で1年間フランス語講師として言語・フランス文化の指導、
東京の語学学校にて4年間フランス語講師として、言語・フランス文化の指導、
発音や文法教室の開催、特定の目的に沿ったレッスン(旅行、ビジネス等)、
全レベル対象の試験対策(Delf/Dalf, 仏検)
学歴/ナンシー大学にてコミュニケーションサービス、ネットワーク(IT)のDUT取得、
パリの大学にて日本言語・文学・文化学部の学位取得、パリの大学にて言語学の修士取得
言語/フランス語(母語)、英語(中級)、日本語(中級)
得意分野/全レベルの個人・グループレッスン、発音指導、会話レッスン、
文化紹介(映画、歌、文学)、特定の目的に沿ったフランス語指導(ビジネス、旅行準備等)、
自然なフランス語を話すための日常会話表現指導

趣味/相撲の評論、アメリカのクラシック映画鑑賞(ヒッチコック、キャプラ等)
好きな休日の過ごし方/家族との散歩、アペロ
好きな食べ物/焼き鳥、ちゃんこ鍋、チーズ
嫌いな食べ物/もつ、人参
好きな飲み物/赤ワイン(特にブルゴーニュ産)


自己紹介、メッセージ/ 
Bonjour, Yohannといいます。 2011年から日本でフランス語を教えています。
言語の学習は文化の理解からも進むものですので、生徒様がまだ知らない伝統や
会話でよく使われる表現、知られていない素敵な場所等、フランスのいろいろな側面について
紹介することが好きです。 積極的かつ和やかな雰囲気でのレッスンで、生徒様が
「楽しい時間を過ごせた上、フランス語まで上達した」と言ってくださることが好きです。

レッスンスタイル/ 
常に生徒様の要望に耳を傾け、それぞれのレベルにあったボキャブラリーと言葉遣いで、
生徒様にリラックスしていただきます。ご質問にシンプルかつクリアにお答えし、
出来る限り生徒様にとってレッスンを理解しやすくするよう努めます。
生徒様の要求に敏感に反応し、生徒様の興味を惹くようなテーマを選び、
言語学習をより多彩にするようにしています。




初級/発音、文法の基礎、日常の簡単な会話をするのに必要な
ボキャブラリー(趣味、仕事、今後の計画等)、旅行の様々なシチュエーションで
対応できるようにする(レストラン、ホテル、道を聞く、その他質問する等)。

中級/ フランス語の知識を深める、日常的なシチュエーションで
自由に表現できる力や、簡単な記事、動画を理解する力をつける。

上級/ どんなテーマに関しても話したり議論できるようにする、
時事テーマを読んだり、分析できるようにする、言語のニュアンスを理解する。





Yohann先生をどうぞよろしくお願いします。
応援のクリックお願いします(^O^)/♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
アンサンブルのフランス語ビデオ講座好評発売中♪


フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。

フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2017/01/06

芸術作品を作るときはcréer?produire?それとも...?
【"気づき"のフランス語】

Bonjour à tous! 講師のMiyukiです。

2回目の"気づき"のフランス語ブログ、どうぞおつき合いください


さて、今回は「作る」というフランス語、
特に芸術作品を「作る」ときに使われる表現についてお話させていただきたいと思います!


一般的に日本語の「作る」には様々な意味がありますが、
フランス語でこの意味を分類すると、
作製・製造・生産 (栽培) faire, fabriquer, produire (, cultiver)
建造 construire, bâtir
創設・組織 créer, fonder, former
作成・創作 établir, dresser

<例①>
faire un gâteau ケーキを作る
Cette usine fabrique des jouets. この工場はおもちゃを作っています。
La France produit beaucoup de bons vins.  フランスは美味しいワインをたくさん作っています。

<例②>
construire un pont 橋を建てる

<例③>
fonder un nouveau parti politique 新しい政党を作る
Dieu créa le monde. 神が世界を造った

<例④>
établir la liste des participants 参加者のリストを作る
dresser un contrat 契約書を作る


上記のようになります。
作る」そのものに多くの意味がありますよね。フランス語も同様なのがわかります。

では、芸術家たちが努力ののち完成させる芸術作品絵画、彫刻、映画など)のとき、
果たしてどの「作る」が匹敵するのでしょうか?

もちろん、例えば
・音楽を作曲するときは composer(編成する) de la musique と言います。
・彫刻を制作るときは sculpter(彫る) une statue と言います。

しかし芸術家が日夜ずっと頭を絞って0から1を作り、それが完成するまでの道のりを表現したいとき、

travailler を使うことができるんです!!

<例>
ブリューゲルはバベルの塔を題材に、少なくとも3作品を描いたとされている。
Brueghel est censé avoir travaillé au moins trois peintures sur le thème de la Tour de Babel.

北野武の新作映画は素晴らしいものだった。
Le dernier film de Takeshi Kitano a été un travail extraordinaire.

たとえ画家でも、絵を描く(動詞 peintre)という作業をしていない時にも、いつも自分の創作について
考えたり、構想を練ったりしますよね?その一連の工程を、フランス語ではtravailler で表現することができます。

ここまで、いかがでしたでしょうか?
次回も日常会話でのワンポイント"気づき"のフランス語を紹介させていただきます!






"気づき"のフランス語いかがでしたか?
Miyuki先生に応援のクリックをお願いします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中





△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします




フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!


2017/01/05

少しだけお見せします!新教材「ビジネス会話テキスト」

Bonjour à tous ! フランス語講師のMiwaです。

2017年1月中旬にリリース予定のアンサンブルオリジナル教材、

ビジネス会話テキストですが、
(※こちらは初級上~中級以上向けです)

今回は1課ごとの構成と内容を少しだけご紹介します(^o^)/


まずは最初のページ。
「職安に登録する」といった項目名と、オリジナルのイラスト、
そしてダイアログ(2人以上の対話)が並びます。



ダイアログは10~20行ぐらい、その中に
新出単語、便利な表現、知っておきたい文法事項が含まれます。

ダイアログの次は、「ボキャブラリー」の項目です!


名詞、動詞などを「ダイアログにおける登場順に」リストアップした後、
Expressions utiles(お役立ち表現)を例文つきで紹介します。


例文は「職場で使えるもの」にこだわって作成されています!

表現紹介の後は、文法!
会話テキストとはいえフランス語、文法は大事ですよね☆

ダイアログ(冒頭の会話文)内で使われた文法事項のうち、
特に理解してほしいポイントを1~3つ、例文と一緒にまとめています。



この課ではジェロディフについての復習ですね。

そして、テキストの最後には
Exercice(練習問題)をご用意しております!

テキストで学んだ表現を用いて、Skypeレッスンで講師と一緒に
ロールプレイを楽しんでいただくものです。


知識をインプットしたら即、アウトプットの練習が大事ですよね!

いかがでしょう、本テキストを使ってみたくなりましたか?
アンサンブルのオリジナルテキストはすべて

ご入会者は無料でダウンロードできますので、

ご興味がある方はぜひ下記リンクより一覧をご覧くださいね⇊
http://ensemblefr.com/textn


次回は「ビジネス会話テキストの工夫・こだわり」
についてお話ししたいと思います、どうぞお楽しみに~♫


ブログランキングに参加しています、
応援の「ぽち」いただけると嬉しいです(^^)
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします




フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!