2017/05/26

第15回 "気づき" のフランス語 :不定名詞

Bonjour à tous!講師のMiyukiです。

東京では平均気温がだいぶ上がり、湿気も出てきました。
そろそろ梅雨も始まるような空気が漂っています。
皆様お元気でお過ごしでしょうか?
さて、本日も気づきのフランス語、
どうぞ最後までお付き合いくださいませ♪

今回はタイトルにもあります
不定名詞 についてお話しします。
なんだか難しそうな文法用語ですが、
その内容はとても単純です。
Allez, c'est parti !

みなさん、それぞれに口癖がありますよね。
よどみなく話しているつもりでも、
注意してみると意外に
なんか・・・」「何てか・・・」「何かその・・・」なんて
曖昧なことを話している自分に気づくものです。
そんな不特定で曖昧な対象を指すのが、不定名詞です。

主なものには以下の語があります。

もの
場所・時間
特徴

quelqu'un
誰か


quelque chose
何か


quelque part
どこか


personne
誰も(~ない)
aucun
いかなる(~ない)

rien
何も(~ない)
否定文で用いる

chacun
それぞれ
chaque
おのおの

n'importe qui
誰でも
n'importe quoi
何でも
n'importe quand
いつでも
n'importe où
どこでも
譲歩(~でも)を表す

それでは、実際に例文を見てみましょう。

Quelqu'un vient de vous téléphoner, mais il n'a pas laissé son nom.
先ほど誰かがあなたに電話してきましたが、名前を残しませんでした。


Vous prenez quelque chose comme dessert?
デザートに何か注文なさいますか?


J'ai déjà vu ça quelque part.
どこかですでにそれを見たことがあります。


Personne ne sait la vérité.
誰も真実を知らない。
La nuit est calme. On n'entend aucun bruit.
夜は静かです。何の騒音聞こえません。

Elle parle trop vite. Je ne comprends rien.
彼女は話すのが早すぎます。何も理解できません。

Ces cahiers coûtent trois euros chacun.
これらのノートはそれぞれ3ユーロです。

Chaque voyageur doit présenter son passeport.
各々旅行者もパスポートを提示しなければならない。


 C'est vous qui avez tort. Demandez à n'importe qui et vous verrez.
間違っているのはあなたです。誰に聞いてみてもいいですよ。


Vous pouvez venir chez nous à n'importe quelle heure, on vous attend.
私たちの家に何時に来てくださってもいいです、お待ちしていますから。


ここまで、いかがでしたでしょうか。
次回も引き続き、 "気づき" のフランス語をお届けしたいと思います!

またお会いしましょう!
A très bientôt







"気づきのフランス語に
応援のクリックをお願いします(^O^)
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランス情報なら FRANCE 365 △


http://ensemblefr.com/

フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
http://ensemblefr.com


△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2017/05/24

Quoi de neuf ? の活用法

Bonjour !
アンサンブルフランス語講師のAkiyoです。





レッスンでの Quoi de neuf ?
ついつい、 Rien de spécial. (特別なことは何も)
という便利な(?)答えで逃げてしまいたくなる。
そんなこともあるかもしれません。

しかし、それではもったいない。
上手に活用して会話力を伸ばしましょう!

上手にと言っても、何も高度なフランス語を駆使したり、
ドラマチックな話題を提供する必要はありません。
(第一、日々の生活はそんなに冒険に満ちてはいませんよね。)

私が個人的にレッスンをしている生徒様で、
初級レベルですがとても上手に準備をされる方がいらっしゃいます。

毎回作文してこられるのですが、基本的には3つの文だけです。
生徒様に許可をいただいたので、
ある日の作文をご紹介したいと思います(下記は添削後の文章です)。

Il pleut aujourdhui.
(今日は雨です)
Jai perdu mon parapluie à luniversité.
(大学で傘をなくしてしまいました)
Jai donc acheté un parapluie à la supérette.
(それで、コンビニで傘を買いました)

いかがですか?

とても簡潔ですが、
天候の表現や複合過去、所有形容詞、場所を表す表現、副詞 donc
新しい単語など、習ったことが上手に盛り込まれています。

話題も日常生活の中の小さな小さな出来事。
それでまったく構いません。

もちろん、これくらい簡潔な文章でも、
作文を準備するとなれば、
特に初級レベルではかなりの苦労を要するかもしれません。

しかしそれをコツコツと積み重ねれば、
大きな力になっていくことは間違いないと私は思っています。

私もかつて、 Quoi de neuf ? には
頭を悩ませていた学習者の一人です。

しかし、Rien de spécial ではなく、
ほんの少し工夫して、習ったことの復習に、
また時には少し背伸びをして、表現力を伸ばしていきましょう!



応援のクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/ 
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランス情報なら FRANCE 365 △


http://ensemblefr.com/

フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
http://ensemblefr.com

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!


2017/05/23

始めよう!ビデオ講座でスムーズ学習☆(12)

Bonjour à tous ! フランス語講師のDaisukeです。

フランス語学習は、はかどっていますか?
語学学習は、文法・発音・会話の3つをバランスよく
学習していかなければ、なかなか自由に喋れるようにはなりません。

あとから、
「これがどういう発音なのか、実はわかっていない」
「どうしてこのつづりをこう発音するのか、毎回悩む」
ということもよくある話。


今回は文法を学びながら、発音のルールも学べてしまう、
フランス語ビデオ講座の文法解説編から、
「文法31課 スポーツ、家事、活動の表現」編
をご紹介します☆


31課は5部のビデオで構成されています。
1.会話文紹介
2.文法解説
3.表現紹介
4.動詞活用
5.会話例文和訳

それぞれのビデオがその項目に特化しているので、理解が不十分なビデオをチョイスして、効率よく学習することができますね。

では、この第4部の動詞活用の1シーンをのぞいてみましょう。
Miwa先生、おじゃましまーす!


Miwa先生は全てのレッスンを通じて、重要な項目は何度も質問・説明してくれるので、
自然と大切なポイントが頭に叩き込まれていきます。

例えば、
「Yの出現で発音に迷いが生じたときは、どう対処するか覚えていますか?」


以前の課で既に学習した重要ポイントを繰り返し質問してくるんです。
恐ろし…いえ、これは本当に学習する上で大切なことですよね!

生のレッスンを受けているような感覚で講座が進んでいくので、
退屈することなく、リズムよくレッスンを受講できますね。

ちなみに「Y」で迷ったときは、上の黄色丸印の中の様に
「ii」に置き換えて発音するんです。
ビデオでは、このように実際に「ii」に置き換えたつづりが表示されるので、
視覚的にも効率的に学習することができます。


文法をしっかり学びながら、発音の基礎についても勉強することができる。
これが、ビデオ教材の素晴らしいところです☆

【では、最後にYにちなんだクイズを一つ☆】
下の単語はどのように発音するでしょうか?
① voyager
② envoyer



気になった方はまずは無料視聴でビデオ教材の良さを実感してみてくださいね!

次回もビデオ講座の魅力をお伝えしますので、
どうぞお楽しみに!



アンサンブルのビデオ講座が気になる!
という方はぜひクリックお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランス情報なら FRANCE 365 △



フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2017/05/22

大過去(plus-que-parfait)で作文! François先生のレッスン

Bonjour !
スタッフMikiです。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
今日は大ベテラン講師François先生のレッスンレポートです。

























私がフランス語の勉強を始めた時、
ネイティヴの先生にフランス語だけで習ってしまったため、
(そういうスタイルの学校だったので他にチョイスがなかった)
フランス語の文法理解は正直かなり怪しいです。

しかもアンサンブルでレッスンを受講し始めて数年後に、
その文法事項の本当の意味を理解できた、なんてよくあります(涙)

そんな私ですが、
過去にしっかり学んだであろう
plus-que-parfait (大過去)を最近勉強し直しました。

「私が帰宅した時、息子はすでに就寝していた
とか、過去のある時点で完了済のアクションに使われる時制ですよね。

日本語では毎日のように使っていると言っても過言ではないですが、
フランス語で言い換えるとなると、モノにできていない・・・

ところで、アンサンブルでは
レッスン開始から10~15分は必ず日常会話を行います。

会話と言いつつも、
発音・文法の間違いがあればしっかり指摘されるし、
「これをフランス語で書いてみて」と、
その場でディクテをすることもあります。

なので、会話でのミスから発展して、
その日のレッスンでパーフェクトな試験対策ができたり、
苦手な文法事項を講師と一緒に克服できたりします!

で、François先生とのレッスンでは
この最初の日常会話の時にこう言われました。

「MikiはPlus-que-parfaitがちゃんと使えてないね~
もしよかったらこれしっかり今日やってみない?」

Avec plaisir !! 喜んで提案を受けました。

「じゃあ、一つ例文を作って」と言われ、
さっそく作った文がこちら!

Quand vous m'avez téléphoné, je n'ai pas pu décroché.

「私が電話した時、私は電話に出れなかった。」
ムムム、これはどちらも複合過去形です。

間違いです…
過去に2つの出来事があったからといって、
自由にどちらか一方を大過去にできるわけじゃないですよね。

大過去というのは、François先生いわく
exprimer une action dans le passé 
qui se passe avant une autre action

過去において、あるアクションの前に起こるアクションを表現する時制です。


Quand ma mère est arrivée, j'avais fini de manger.
母が到着した時私は食べ終わったところだった。

Quand vous m'avez téléphoné, j'étais partie chercher ma fille.
あなたが私に電話した時、私は娘を迎えに出発していた。


だから、過去は過去でも「大過去」なのかぁ。。。
フランス語の文法、奥が深すぎます。

またFrançois先生にしっかり学ぶわよ!
皆さんも、苦手な文法事項があれば鍛えてもらってくださいね。


応援のクリックをお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランス情報なら FRANCE 365 △


http://ensemblefr.com/

フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
http://ensemblefr.com


△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!