2019/06/26

フランス語を「味わう」ためのひと時【翻訳強化グループレッスン】

Bonjour à tous ! アンサンブル講師のHibikiです。


僕はSkypeのマンツーマンレッスンの他に、Zoomを用いた
「翻訳強化グループレッスン」も担当させてもらっているのですが、
今回は、このレッスンがどのような意図や目的で行われているか、
レッスンレポートという形でご紹介したいと思います。


さて、先日の620日に行われた翻訳強化グループレッスンでは、
世界中で知られているサンテグジュペリの名作
星の王子さま (Le Petit Prince) からの抜粋を使用しましたが、
本編に入る前の、作者が彼の親友に宛てた “献辞” にあたる部分を選びました。


À Leon Werth.

Je demande pardon aux enfants d'avoir dédié ce livre à une grande personne. J'ai une excuse sérieuse : cette grande personne est le meilleur ami que j'ai au monde. J'ai une autre excuse : cette grande personne peut tout comprendre, même les livres pour enfants. J'ai une troisième excuse : cette grande personne habite la France où elle a faim et froid. Elle a bien besoin d'être consolée. Si toutes ces excuses ne suffisent pas, je veux bien dédier ce livre à l'enfant qu'a été autrefois cette grande personne. Toutes les grandes personnes ont d'abord été des enfants. (Mais peu d'entre elles s'en souviennent.) Je corrige donc ma dédicace :

À Leon Werth quand il était petit garçon.


上記のテキストを、参加者には事前にお送りし、
レッスン当日は各自の訳文を発表していただきました。

この本を読まれた方ならおわかりになるように、
『星の王子さま』では大人は “愚かなもの” として描かれます。

Les grandes personnes ont toujours besoin d’explications.
「大人は説明してやらないと何もわからない。」

だから、そんな “愚かな大人” であるレオン・ヴェルトに
この本を捧げることを、“かしこいこどもたち” に謝っているのです。

(もし、『星の王子さま』は読んだことがあるけれど、
この献辞を読み飛ばしてしまっていた、という方がいたら、
大事な箇所なのでぜひ、もう一度読んでみてくださいね。)

さて、今回のレッスンを終えて面白かったのは、 
« J’ai une excuse sérieuse. » の訳し方です。

テキストを見てみると、その次の文には 
« J’ai une autre excuse. »、さらにその次には 
« J’ai une troisième excuse. » とあるのがわかります。

一つ理由があって、もう一つあって、そして「三つ目の理由は…」、
この箇所が、参加された生徒様は、訳すのに苦労されたとのことでした。
最初は「一つ、もう一つ…」だったのに、いきなり「三つ目」、
と言ってしまっていいのだろうか?

そして皆さん、日本語ではこう言うだろうか?と考えた末、
それぞれ独特な解決法を編み出していました。

一人の方は、「一つ、もう一つ…」と訳し、« une troisième excuse »
「最後の理由」と訳されていました。いきなり「三つ目」は唐突なので、
「最後の」と言い換えたのです。とても上手い落としどころを見つけられたな、
と思いました。

そして別の方は、「三つ目」は残したまま、なんと最初の 
« J’ai une excuse sérieuse. » の訳文の冒頭に「三つの理由があって、一つ目は…」
と書き換えたのです!そうすることで、最後の「三つ目」が自然になります。

さて、こういった「書き換え」「加筆」“禁じ手” なのでしょうか?

翻訳には「直訳」と「意訳」があると言われ、「直訳」の方が原文に忠実で、
「意訳」は自然で読みやすいけれど原文が少し崩れてしまう、
というイメージがあります。

では、さらにその「意訳」を超えて文を足したり引いたりすることは、
翻訳をする上で“やってはいけない” ことでしょうか?

実は、そうでもないのかもしれません。
毎回、レッスンの中でも申し上げているのですが、
翻訳はしばしば訳者の「解釈」といえます。

つまり多かれ少なかれ、その人自身による「創作」でもあります。
ということは、どんなテキストでも、100%の「直訳」は不可能なんですね。
コピー&ペーストするみたいに、“まったく同じ文” を違う言語で作ることは、
土台無理なのです (日本語とフランス語のように離れた言語同士であればなおさら)
だとすれば、思いっきり「意訳」して、その言語を母語としている
相手に読みやすい噛み砕いた翻訳があってもいいはずです。

ただし、「意訳」は良くても「誤訳」はダメなので、
原文をよく読む必要があります。精読したうえで、これはこうだ、
と自分の中で意味の根っこをつかまえることが出来れば、
あとは必要に応じて変形することもできるでしょう。

とはいえ、やはりあまり大きな変更、つまり原文に書いていないことを
加筆したり、逆に書いてあることを消したりするには、慎重な判断が要るし、
“なぜそうしたのか” という問いに答えられないといけません。

逆に、あえて「直訳」に寄せてみる、というのも一つの手です。
先ほどの例で言えば、原文通り「一つ、もう一つ、そして三つ目は…」
と訳してしまうのです。それによって多少読みづらくなったとしても、
よほどでなければ意味は通ります。そしてあえて「直訳」にすることで、
“適度な違和感” を残すことができます。

これはあくまで「翻訳」で、元はと言えばフランス語という
外国語で書かれた文章だ、という事実を読み手がわかっているのであれば、
なるほど、フランス語ではこう言うのか…というように、日本語の中に 
フランス語感 を紛れ込ませることができるのです。

最後に、翻訳を行う時は、できれば “誰が読むのか”
意識した方がいいでしょう。相手が(上記のような配慮ができる)大人であれば、
そこまで親切にならず「直訳」に近い文体で “適度な違和感” を楽しんでもらう。
相手が子どもなら、固い食べ物を噛みやすく細かくしてあげるように
適宜「意訳」して、とにかく日本語として伝わりやすくする、
などの工夫が可能でしょう。

ということで、長くなってしまいましたが、
6月20日のレッスンでは、参加者の訳文がそれぞれ個性的だったおかげで、
「直訳」と「意訳」について深く考えることが出来ました。
(改めて、ご参加くださりありがとうございました!)

翻訳に「正解」がないように、このレッスンにも正解はありません。
毎回、参加してくださる方の訳文が貴重な「教科書」になります。
興味のある方はぜひ、一緒に翻訳について考え、
フランス語の文章を「味わう」ためのひと時を過ごしませんか?

執筆 Hibiki

Hibiki先生と翻訳を「味わって」みませんか
↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
http://ensemblefr.com/ 
フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”

△まずは、無料体験レッスンをどうぞ
http://ensemblefr.com
 http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中△

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!△

2019/06/25

フランス語講師 Amélie先生 自己紹介

Bonjour !
講師歴2015年より 通訳・翻訳やジャーナリストの経験もあるAmélie先生は、
正しいだけでなく洗練されたフランス語の習得をサポートします。

Amélie先生のレッスンを是非ご受講くださいませ。


Amélie先生


経歴/2015年より日本とカナダでフランス語講師
学歴/DAEFLE(外国語としてのフランス語教育ディプロム)所持
ジャーナリズムとコミュニケーションの高等ディプロム所持

言語/フランス語(母語)、英語(B1)、日本語(B1)、スペイン語(A1)
得意分野/
歴史、ダンス、文化の相違、文章テクニック、フォトグラフィ、情報工学(informatique)
趣味/読書(小説や社会学研究)、文章を書く(日本についてのブログなど)、
フォトグラフィ、ダンス(サルサ、スウィング)、旅行やハイキング、料理(和食)、
デッサン(鉛筆や木炭でのクロッキー、水彩画)

好きな休日の過ごし方/日本のドラマ鑑賞、美味しいレストランやカフェの発掘、
ゲーム(TVゲーム、ボードゲーム、ロールプレイ)、京都を散歩

好きな食べ物/蕎麦、すき焼き、クレープ、チーズ、チョコレート
好きな飲み物/抹茶、香織茶、チョコレートドリンク(ホット、アイス)
嫌いな食べ物/キムチ、辛いもの、にんにく入りの食べ物





自己紹介、メッセージ/


Bonjour, 私はAmélieといいます!
フランス人の夫と猫と3人で京都に住んでいます。4年前からフランス語と英語を教えています。以前はジャーナリストとしても活動していました。文章を書くことが恋しいものですから、2012年より日本についてのブログを書いており、そこでは日本に住んで驚いたことなどを語っています。
他にも読書や散歩に多くの時間を費やしますが、散歩の目的は綺麗な写真を撮ったり風景をデッサンすることです。私は大の食いしん坊でもあります!新しいレシピを試し、美味しいレストランやカフェを発掘するのが大好きです。
Skypeで近いうちにお会いできますように、一緒に頑張りましょうね!




レッスンスタイル/


初級
/
この段階では、しっかりとした文法の基礎、正確な発音そして日常生活の状況(自分の暮らし、趣味、仕事、バカンスなど)に合った語彙を習得することが大事だと思います。 目標としては、必要な事を表現し、単純なメッセージを理解し、パニックにならず基本的な作業をフランス語で成し遂げるられるようになることです。 そういったシチュエーションに慣れるためには、ロールプレイの練習はとても良い方法だと思います!
中級
/
最も重要で根本的な文法のポイントを習得していただき、生徒様がよりスムーズかつ自然に、より長く複雑なフレーズを用いて表現できるようサポートします。 日常生活や慣れ親しんだテーマについてフランス語で会話が続けられるようになるための手助けも行います。また自分の見解、希望、感じていることをフランス語で表現し、出来事を物語ることにも慣れていただきます。 また、聴解や統辞法、スペリングにも重きをおいてレッスンを行います。
上級
/
上級の生徒様には語彙をさらに豊かにしてもらい、より複雑で専門的なテーマ(時事問題、環境、社会問題など)について理解しスタイリッシュに表現できるようサポートします。また、生徒様には様々なレベルの語法やその他の緻密さ(皮肉、逆さ言葉など)にも敏感になっていただきます。 口頭でも筆記でもテーマについてフランス語で自分の見解を擁護できるよう慣れていただきます。このレベルでは、新聞記事やルポルタージュなどが教材としては適していると思います。
全レベルに共通するメソッド
/
言語学習(特に日本語)は私にとって趣味でもありチャレンジでもあります。私はこの熱意をレッスンを通して生徒様にも伝えたいです、というのも楽しみながらのほうがより上手に学べると思うのです! レッスン中は生徒様がリラックスして積極的に話せるよう、良い雰囲気づくりを心がけます。必要があれば英語や日本語も使えますが、避けたほうがいいですよね。 私は出来る限り生徒様の希望や好きなテーマに合わせたいと思います。そしてレッスン中ではフランス文化の端々もお伝えしたいです、なぜなら「フランス語」は単なる言語だけではなく「あり方」や「考え方」の一つでもありますから、文化を知ることも大切だと考えています。



Amélie先生先生に応援のクリックをお願いいたします♫
Skypeレッスンでお会いしましょう
↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
http://ensemblefr.com/ 
フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”

△まずは、無料体験レッスンをどうぞ
http://ensemblefr.com
 http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中△

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!△




2019/06/07

フランス語講師 Rudy先生 自己紹介

Bonjour !
フランス語講師としては、2017年より活動されているRudy先生は
穏やかで優しい雰囲気を持ち、生徒のペースに合わせて、
和やかにレッスンを運んでくれます。

Rudey先生のレッスンを是非ご受講くださいませ。


Rudy先生


経歴/三重大学にて言語学アシスタント(1年)
四日市市でフランス語家庭教師(1年)、東京の語学学校でフランス語講師(1年半)

学歴/リール第三大学にて日本語研究における修士号取得
および外国言語・文学・文明学(LLCE)の学士号取得

言語/フランス語(母語)、英語(C2)、日本語JLPT(N1)、スペイン語(A2)
得意分野/
文章読解、会話、テキストの翻訳、試験対策
趣味/スポーツ(卓球、バスケットボール、サッカー)、料理、読書、映画鑑賞
好きな休日の過ごし方/映画鑑賞、友人と過ごす
好きな食べ物/友人や家族との焼肉、餃子!
好きな飲み物/お茶、ビール(特に餃子と一緒に飲むのが好きです)、ウィスキー
嫌いな食べ物/




自己紹介、メッセージ/

Bonjour à tous ! 皆さんこんにちは、Rudyです!
僕は、ベルギーにほど近いフランス北部の街から来ました。4年前からフランス語講師をしていて、主に三重県と東京で教えていました。僕は日本文学や映画、そして日本語が大好きで、日本語は10年前から勉強しています!
僕は全てのレベルの生徒様をフランス語で教えるのが好きですが、生徒様が必要であれば、日本語もしくは英語で教えることも可能です!文法やテキスト読解のレッスンであっても、レッスン時間中、生徒様に最大限フランス語で話してもらうのが僕のレッスンの特徴です。



レッスンスタイル/

入門
/
まずは質問の仕方を知ることが、初級の人がフランス語でコミュニケーションをうまくとることが出来る様になる鍵だと思ってますので、質問をたくさんします。 基本的な質問の仕方をたくさん学習し、たくさんコミュニケーションをとりましょう!また、生徒様がしっかりと基礎を身に付けられるよう、発音矯正も同時に行います。
中級
/
学習した内容がしっかりと身についているか確認するため、質問を中心とした会話を通して、しっかりと語彙や文法の復習を行いましょう!
上級
/
このレベルでは、新聞記事やビデオ、オリジナル教材などを使って、フランスの文化に関する知識を強化し、加えて語学レベルもアップさせましょう。さらに、上級の発音も手に入れましょう!



Rudy先生先生に応援のクリックをお願いいたします♫
Skypeレッスンでお会いしましょう
↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
http://ensemblefr.com/ 
フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”

△まずは、無料体験レッスンをどうぞ
http://ensemblefr.com
 http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中△

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!△




2019/05/30

フランスの人気料理番組"Top Chef"で決勝進出した☆話題の美食レストラン

Bonjour à tous !
アンサンブル講師のMiwaです。

先日、近所の街ブレスト(Brest ※1)に
「今話題」の美食レストラン(restaurant gastronomique)がオープンしたので、
早速ランチを堪能してきました!今回はそのレポートをお届けします。

まず、なぜ話題になっているかと言いますと、
フランスで高い視聴率を誇る人気料理コンクール番組
Top Chefで、今年決勝に勝ち進んだGuillaumeさんのお店だからです!

※番組公式サイトをご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

ブルターニュ地方(la Bretagne)最西端の県
フィニステール(le Finistère)出身のGuillaumeさんは、
番組内で自身の料理に「ブルターニュ愛」を込めていたのが印象的。
この度晴れて、生まれ故郷の近くにレストランを構えたというわけです。

その名もL'Embrun

ブルターニュの荒波を象徴する「海飛沫」を意味する言葉です。
インテリアは白(blanc)グレー(gris)ブルーグリーン(bleu canard)
という3色に統一されています。とてもシックで寛げる雰囲気です。

アミューズブーシュ(un amuse-bouche)その1
カリフラワー(le chou-fleur)のムースタルトカレー風味、
ラングスティーヌ(la langoustine※2)のスフレピザ。

アミューズブーシュその2
アーティチョーク(l'artichaut, un artichaut)のサラダ、
コリアンダーのソルベ(le sorbet à la coriandre)添え。

前菜(l'entrée, une entrée)
蟹肉(une araignée de mer)のブレット(la belette = フダンソウ)の葉包み、
レモンチャツネと自家製ラスク添え、蟹のソース(le jus d'araignée)。

メイン(le plat principal)
ラングスティーヌのソテー、ホワイトアスパラガス(l'asperge blanche)添え。
カンコワイヨット(la cancoillotte※3)、ラングスティーヌのポルト酒ソース。

デザート(le dessert)
ルバーブのコンポート(la compote de rhubarbe)、木苺のソルベ(le sorbet à la framboise)、
マスカルポーネのムース(la mousse de Mascarpone)、ライスクリスピー(le riz soufflé)。

お味のほうは…とても言葉では伝えきれない美味しさです!
野菜の茹で加減、魚介類の火の通し加減、塩加減、スパイスの量、
どれをとっても完璧で絶妙。

ミシュラン二つ星、三つ星のシェフが審査員として参加する
人気コンクール番組で、決勝まで勝ち進んだだけある洗練されたお味です。
なおかつ食材からお店のインテリアにいたるまで
ブルターニュ愛が随所に感じられる、とても素敵なお店です。

食後のコーヒーを飲んでいたところ、
なんとGuillaumeさんがひとつひとつのテーブルに
挨拶に来てくれたではありませんか!

恥ずかしながら記念写真を撮ってもらいました(*^^*)


テレビ画面で見たまんまの気さくな人柄で、
こちらの質問にはなんでもニコニコと答えてくれるので、
番組の裏話などあれこれ聞き出すことができました(笑)

ブレスト(Brest)は辺鄙な場所にあり観光地としての知名度も低いですが、
近年都市の再開発が進んで住みやすく、近郊には海の絶景スポットがたくさん。

美味しいレストランも増えているところに、
今回Top Chefの準優勝で一気に時の人となったGuillaumeさんが
ご自身のレストラン"L'Embrunt"をオープンしたとあって、
ブレストの「新たな目玉スポット」になったことは間違いありません。

ありきたりなフランス旅行に飽きた方は、
ぜひ一度ブルターニュの最西端にお越しくださいね♪

A bientôt !
Miwa


※1 Brest:ブルターニュ(la Bretagne)地方最西端のフィニステール(le Finistère)県最大の都市、フランスで2番目に大きい軍港の街として知られる。姉妹都市のひとつは日本の横須賀市。
※2 la langoustine:ブルターニュの海でよく獲れる「ヨーロッパアカザエビ」と呼ばれる海老の一種。小さいながらオマール海老のように鋏を持ち、プリプリした身が特徴。
※3 la cancoillotte:フランス東部フランシュ・コンテ地方(Franche-Comté)地方特産の液状チーズ。


応援のクリックをお願いいたします♫
↓↓↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
http://ensemblefr.com/
フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”

△まずは、無料体験レッスンをどうぞ
http://ensemblefr.com
 http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中△

 http://info.ensemblefr.com/
△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!△