2018/04/30

フランス北部の大都市、リールの街をVanessa先生が動画でご紹介!

Bonjour !

アンサンブル講師のVanessa先生が、
生まれ故郷であるフランス北部の大都市
Lille(リール)の街を歩きながらフランス語でご紹介します。


リールはパリからTGVで1時間、
ベルギーとの国境近くの街で、観光都市としても栄えています。

毎年9月に開かれる蚤の市はヨーロッパ最大で、
毎年約200万人が訪れます。

美しい美術館のような街リールの見どころを、
Vanessa先生をナビゲーターに楽しんでご覧ください。





応援のクリックをお願いいたします♫
  
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村

 
http://ensemblefr.com/
 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ
 

http://kyouzaifr.com/

△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中




△フランス情報なら FRANCE 365 △



△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

 

2018/04/26

La France en mai ~5月のフランスの見どころ、太陽を楽しみましょう~

Bonjour à tous ! C'est Vanessa.


« En mai, fais ce qui te plaît. » Voici, un proverbe bien connu des Français. Et pour une fois même le nord de la France est concerné. Je peux maintenant vous conseiller d’aller à Lille. Il était temps !


Le climat s'adoucit dans tout le pays et les pluies se font plus rares. C'est enfin le moment d'aller visiter la baie de Somme par exemple, la partie sud de la Bretagne ou encore le golfe du Morbihan. Pour les amoureux d'histoire, d'architecture et de paysages paisibles, je ne peux que vous conseiller d'aller visiter les châteaux de la Loire. Surtout que certains proposent en plus de leur visite habituelle, des évènements ponctuels comme l'exposition Orchidées Passion qui aura lieu du 1er mai au 15 juin au château de Valençay. De quoi réjouir les amateurs de cette magnifique plante.

Dans le sud de la France, on peut dire que c'est déjà le début de l'été. On commence à se baigner en Corse et sur certaines plages de la Côte d'Azur.  C'est le mois idéal pour visiter les lieux qui seront bondés de touristes en été : les bords de mer et des océans, l'arrière-pays niçois, la côte basque, les villes du littoral comme Nice ou Biarritz, les stations balnéaires du Languedoc-Roussillon, les Corbières, les châteaux cathares. Avis aux sportifs: C'est le moment pour profiter des randonnées pédestres ou cyclistes dans les massifs montagneux. Après il fera peut-être trop chaud pour le faire !

Il y a peu de destinations que je vous déconseille ce mois-ci, mais il fera peut-être encore assez frais dans les Ardennes ou dans le Morvan. Frileux ? S’abstenir ! Si vous aimez les animaux, allez plutôt dans la Baie de Somme. Vous pourrez y visiter le parc ornithologique de Marquenterre et aller observer les phoques dans le port du Crotoy ou le long de la côte. Vous pourrez aussi y découvrir la maison de Jules Verne ou le manoir des Guerlain, et faire une randonnée en kayak ou à vélo.

Le soleil pointe enfin le bout de son nez un peu partout en France, alors il est temps d’en profiter. Bon voyage !





 応援のクリックをお願いいたします♫
  
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村

 
http://ensemblefr.com/
 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”

△まずは、無料体験レッスンをどうぞ


http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!






2018/04/24

【お知らせ】レッスン開始3時間前まで予約可能講師ご案内

Bonjour !
この度、アンサンブルメイトの皆様に嬉しいお知らせがあります。

Vanessa先生とMélodie先生が
レッスン開始3時間前まで予約が出来るようになりました!

「急に予定が空いたので…」 
「思い立ったときにレッスンがしたい…」
「今日は早く帰れるので、レッスンを受講できたら…」

今までは最短で6時間前までレッスン予約が可能(一部講師)でしたが、
この度、アンサンブルメイト様からのご要望にお答えしまして


Vanessa先生



Mélodie先生


このお2人が3時間前まで予約可能となりました!


ぜひ、ご予約をお待ちしています(^O^)/
http://www.musa-web.net/ensemblefr/
 
応援のクリックをお願いいたします♫
  
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村
 
http://ensemblefr.com/
 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

 

2018/04/20

ブルターニュ地方のお勧め!ゴーギャンら「印象派」に愛された村、Pont-Aven(ポンタヴェン)

Bonjour à tous ! アンサンブル講師のMiwaです。
皆さんお元気ですか?

季節は春真っ盛り、次から次へと花が咲き始めて、
外をお散歩するのが気持ち良い時期になってきましたね。

今回は春から夏、季節の花々が美しい時期にぜひ訪れてほしい、
Pont-Aven(ポンタヴェン)という小さな村をご紹介します。

場所はBretagne(ブルターニュ)地方の最西端にある
Finistère(フィニステール県)南部の都市、Quimper(カンペール)から
車で東へ30分ほどのところに位置します。

辺鄙な場所にあるのですが、実はとても有名な観光地です。
というのも、ポンタヴェンはGauguin(ゴーギャン)をはじめ
数多くの「印象派」の画家が滞在した村として知られているのです!

なぜ「印象派」の画家たちが好んで訪れたのか、
ポンタヴェンを散策すればすぐにわかります。それは…

「水辺の風景が美しいから」だと思います。

村の中央を流れる川面には
両側から沢山の木や花が映りこみます。

他にも水車や小さな港もあり、水辺の風景を描くにはぴったり!
しかも長閑で小さな村なので、リラックスして創作活動に打ち込めそうです。

そんなポンタヴェンには今でも世界中から芸術家が集います。
村の中心にはお土産屋さんよりも画廊の数のほうが多いかもしれません。

この場所でしか出会えない絵画を鑑賞し、
気に入った作品があれば買い求めることもできます。

水辺の風景といい、画廊のアート作品といい、
視覚を存分に満足させることができるポンタヴェンですが、
美味しいものも沢山あります!

Bretagneの特産品でもあるバターたっぷりのクッキー
Galettes bretonnes(ガレット・ブルトンヌ)ですが、
ポンタヴェンのそれはより薄く、香ばしい風味がたまりません♡

他にも、手作りアイスクリームのお店やレストランが立ち並び、
目だけでなくお腹も幸せいっぱいにしてくれるとても素敵な観光地です。

では最後に、印象派の画家たちに愛されたであろう風景を
何枚かお届けしますね(o^^o)

川沿いの斜面に建つ豪邸。

対岸の豪邸も負けていません!

素朴なブルターニュの伝統建築と色鮮やかな花々。

こういう風景は、いかにも印象派の画家が
好んで描きそうな気がするのは私だけでしょうか?

花が咲き乱れる春から初秋にかけて訪れるのがお勧めです、
ブルターニュ地方を旅行される予定がある方はぜひ、
ポンタヴェンを候補に入れてくださいね♪

Office de Tourisme de Pont-Aven
5 Place de l'hôtel de ville 29930 Pont-Aven

Site web : http://www.pontaven.com
Tél : 02 98 06 04 70

執筆 Miwa


お花が美しい季節、訪れてみたいですね
応援のクリックをお願いいたします♫
  
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村
 
http://ensemblefr.com/
 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”

△まずは、無料体験レッスンをどうぞ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2018/04/17

「昔むかしあるところに、お爺さんとお婆さんがいました」フランス語のお話読めるかな?

Bonjour à tous ! 
フランス語講師のDaisukeです。

アンサンブルが自信をもってお届けする
フランス語ビデオ講座。
もうお試しいただけたでしょうか?

ここまで、ビデオ講座の文法編をご紹介してきましたが、
今回はいよいよ最終課!

フランス語で絵本や小説を読むときには欠かせない

「文法70課 単純過去」編

をご紹介します。

日本語のお話でも
「昔むかしあるところに、お爺さんとお婆さんがいました」
とお決まりの表現が使われますが、
この「昔むかしあるところに」
は、フランス語にもあるのでしょうか?


ここからはMiwa先生のレッスンで確認してみましょう☆


文法解説(2)の重要な解説部分です。

※画像は加工しています。詳しくはビデオでご確認ください。

単純過去は、主に新聞や小説といった「文書」で
使われます。

でも、今まで勉強してきた
「複合過去」「半過去」「大過去」
といった過去時制と、この
「単純過去」の違いが気になりますよね。

ビデオ内でMiwa先生がその部分を
詳しく説明してくれていますので、
気になる方はビデオで確認してくださいね!


単純過去の特徴は、
何といってもその独特な動詞活用!
あんまりフランス語では耳にしない
「-ダ」「-イーム」「-ユール」
という発音の語尾が特徴です。

このビデオ講座では
しっかりとこの特徴的な活用を種類別で学べるので

ビデオを見終わる頃には、
単純過去で書かれた文章もすらすら読めるようになっています。


まずは無料視聴でビデオ教材の良さを実感してみてください!

フランス語ビデオ講座の
文法ビデオをご紹介してきましたが、
いかがでしたでしょうか。

ビデオの編集に携わった一人として、
皆様が楽しくフランス語を学習できるお手伝いができれば、と願っています。

それでは、今度はビデオ講座でお会いしましょう!
à bientôt !

「昔むかしあるところに」の答え:
Il était une fois -------



アンサンブルのビデオ講座が気になる!
という方はぜひクリックお願いします
↓ ↓ ↓
http://ensemblefr.com/
 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2018/04/16

フランス語講師 Marine先生

Bonjour !
3月にデビューされたMarine先生の自己紹介ビデオです。
朗らかで笑顔の絶えないMarine先生、早くも大変好評をいただいています。
ぜひご受講ください(^O^)/
 




Marine先生 


経歴/フランス語講師(関西学院大学6か月 、甲南女子大学6か月、家庭教師)、日本の百貨店等で販売員(2年間)
学歴/Lille第3大学にて日本研究の修士1年修了、同大学で異文化と国際協力関係学アジア専攻の修士1年修了、Lille第1大学にて東アジアにおける経営管理学の修士号取得

言語/フランス語(母語)、日本語(能力検定試験2級)、英語(C1)、日本語手話(入門レベル)
得意分野/フランス文化(大衆、伝統)、映画、旅行、資料を用いたレッスン
趣味/ 映画鑑賞、日本のハガキ収集、日本の古い映画鑑賞(特に小津 安二郎や溝口 健二の映画)、料理、読書
好きな休日の過ごし方/自宅で勉強する、友人との時間を過ごす、写真を撮る
好きな食べ物/お蕎麦、ひつまぶし、サンドイッチ、野菜カレー、お茶漬け
好きな飲み物/お茶(特にアールグレイ、ジャスミンティー)、甘酒、シードル、スパークリンワイン



自己紹介、メッセージ/Enchantée, je m'appelle Marine !
私の名前はラテン語の「海」が由来なので、海やビーチが大好きです。私はフランス人が最も好きな地方のひとつBretagneの出身です、独自の言語(le breton、ブルトン語)と文化を持っています。もしBretagneに行かれる場合は、クレープ(またはそば粉のガレット)をシードルと一緒にぜひ召し上がってください、とても美味しいですよ!そもそもクイニーアマンはBretagneの伝統的な名菓だということをご存知ですか?

私は2015年から神戸に住んでいます、海と山が近いため大好きな街です。大阪、京都、広島にも行きやすいので、とても便利です!
幼い頃から日本語と日本文化に熱中しています、とりわけ今は地方の名物です。旅行する時はいつもその場所のポストカードを買い、御朱印を作るために神社仏閣を訪れます。温泉や和食器も好きです。
皆さんとレッスンでお会いできるのを楽しみにしています、à très bientôt !



レッスンスタイル/
初級/・基本挨拶や自己紹介、描写の学習
・フランス旅行中に必要な語彙や表現の学習
・発音やリスニングの強化を目的としたシンプルなテーマについてのディスカッション

中級/・生徒様が関心を持つテーマについてのディスカッション(旅行、映画、料理、日常会話、政治、時事問題など)
・語彙の幅を広げ、自然な表現を学ぶ
・発音矯正

上級/・生徒様が関心を持つテーマについてのディスカッション(旅行、映画、料理、日常会話、政治、時事問題など)
・フランス語と「言外のほのめかし」を通してフランス文化やフランス人の考え方をより深く理解する。
・語彙の幅を広げ、ニュアンスを理解し、より適切な言葉の使用を学ぶ
・ビジネスで使われるフランス語と専門用語を学ぶ



Marine先生の魅力が伝わった!という方、
応援のクリックをお願いいたします♫
  
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

にほんブログ村

 
http://ensemblefr.com/
 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”

△まずは、無料体験レッスンをどうぞ


http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!


2018/04/12

スタンダール「赤と黒」について~恋愛とお金、心理と風刺~

画像はこちらよりお借りしました。

Stendhal Le Rouge et le Noir
Parmi les monuments littéraires du XIXème siècle Le Rouge et le Noir se tient très certainement en haut de la liste avec Les Misérables de Victor Hugo, Germinal de Emile Zola, Madame Bovary de Gustave Flaubert. Il suffit de voir avec quel brio Stendhal parvient à donner vie à ces êtres de papier et quel soin il a apporté à la description de leurs états d’âme pour s’en convaincre.

Histoire :
Le Rouge et le Noir tire son inspiration d’un fait divers qui défraya la chronique en 1827[1]. Le récit de Stendhal, très librement calqué sur cette affaire, narre le parcours d’un jeune latiniste, fils de charpentier, issu d’un milieu défavorisé et déterminé à gravir les échelons du pouvoir.

Au cours de son périple de la Franche-Comté jusqu’à Paris, le bien nommé Julien Sorel aura l’occasion de rencontrer les meilleurs et les pires représentants du clergé, de la paysannerie, de l’aristocratie et de la petite-grande bourgeoisie. Il fera notamment la connaissance de l’honnête abbé Chélan et de l’affairé Marquis de la Mole qui contribueront, tous deux à leur manière, à l’éducation de Julien Sorel.

Outre son inlassable quête du pouvoir, Jean Sorel succombera aux charmes de deux femmes : d’abord Mme de Rénal puis Mlle de la Mole. Ces épisodes sentimentaux causeront maintes turpitudes et voluptés à notre jeune homme sensible et ne manqueront pas de faire obstacle à son destin napoléonien.

Genres :
Le roman de Stendhal se veut avant tout psychologique et romantique, c’est-à-dire que l’auteur a accordé une attention toute particulière au dialogue, ainsi qu’aux pensées et aux sentiments de chaque protagoniste. Tout est minutieusement orchestré : d’un léger frôlement de main à un petit mot anodin. Rien n’est laissé au hasard.

Mais c’est aussi une satire. En effet Stendhal y fait le portrait au vitriol d’une aristocratie décadente et d’une bourgeoisie montante obsédée par l’appât du gain. Toutes les valeurs cardinales sont perverties au service des intérêts de chacun. L’église n’est pas en reste. Les séminaristes, abstraction faite de quelques dévots authentiques, apparaissent à leur tour, corrompus jusqu’à la moelle. Tous, bourgeois, nobles, paysans, prêtres, ânonnent le même refrain : « rapporter du revenu ».

Conclusion :
La prose singulière et élégante de Stendhal, les descriptions prodigieuses qu’ils offrent des sentiments amoureux, le commentaire mordant d’une époque dont le maître mot est argent et ses constants renvois à l’Histoire de la France font de lui une œuvre importante. Pour toutes les raisons énoncées ci-dessus, le roman de Stendhal est, à n’en pas douter, un classique de la littérature française.

Extrait :
« Rapporter du revenu est la raison qui décide de tout dans cette petite ville qui vous semblait si jolie. L’étranger qui arrive, séduit par la beauté des fraîches et profondes vallées qui l’entourent, s’imagine d’abord que ses habitants sont sensibles au beau ; ils ne parlent que trop souvent de la beauté de leur pays : on ne peut pas nier qu’ils n’en fassent grand cas ; mais c’est parce qu’elle attire quelques étrangers dont l’argent enrichit les aubergistes, ce qui, par le mécanisme de l’octroi, rapporte du revenu à la ville. »

Vous pouvez lire Le Rouge et le Noir gratuitement et légalement ici : 
https://fr.wikisource.org/wiki/Le_Rouge_et_le_Noir

Emile先生の記事はいかがでしたか?
「赤と黒」が読んでみたくなった方は
応援のクリックをお願いします!(^^)!

  
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://ensemblefr.com/

 フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
△まずは、無料体験レッスンをどうぞ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中

△フランス情報なら FRANCE 365 △

△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない△