2017/05/19

第14回 "気づき" のフランス語 :強調構文

Bonjour à tous!講師のMiyukiです。

東京は毎日暖かく、
テラスでのお茶やピクニックを楽しめる季節です。
夏も目前でございますが、
皆様お元気でお過ごしでしょうか?
 
さて、本日も気づきのフランス語、
どうぞ最後までお付き合いくださいませ♪

今回は フランス語の 強調構文について、
その作り方と使い方を学習したいと思います。

相手に何かを伝えたいとき、ある部分をとくに強調して伝えたいときがあります。
そうしたときに用いられるのが強調構文です。

まず最初に基本的な強調構文を学びます。
次の文をよく読んで、どこが強調されているのかを考えてみてください。

基本的な強調構文

C'est lui qui m'a donné des conseils.
(私に助言をくれたのは彼です。)

C'est des fleurs que j'adore.
(それは私の大好きな花です。)

C'est à Kyoto que j'aimerais bien habiter.
(私がぜひ住みたいのは京都です。)

C'est mercredi que vous devez venir chez moi.
(あなたが私の家に来なければならないのは水曜日です。)


それぞれ
①lui
②des fleurs
③à Kyoto
④mercredi の部分が強調されています。

【基本的な強調構文】
C'est強調したい要素 + 関係代名詞 qui (主語を強調したいとき)
             関係代名詞 que (主語以外を強調したいとき)



主語を強調したいとき

 
Lui, il est toujours en retard.
(彼はいつも遅刻している。)

Il n'est pas intelligent, lui !
(彼は、利口ではないですね!)

主語を強調したいときは、基本以外にもいろいろなやり方があります。
まず、⑤のように代名詞の強勢形 を使って強調することができます。
強勢形はふつう主語の前に置きますが、⑥のように文末に置くこともあります。

ただし、この⑤⑥の言い方はいずれも話しことばに特徴的です。
 
ここまで、いかがでしたでしょうか。
次回も引き続き、 "気づきのフランス語をお届けしたいと思います!

またお会いしましょう!
A très bientôt







"気づきのフランス語に
応援のクリックをお願いします(^O^)
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランス情報なら FRANCE 365 △


http://ensemblefr.com/

フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”
http://ensemblefr.com


△マンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

 

0 件のコメント:

コメントを投稿