2017/04/27

目から鱗な"passer"の使い方 ~Cécilia先生のレッスン~

Bonjour !
スタッフMikiです。

今回は、4月22日にデビューされたばかり!
Cécilia先生のレッスンレポートです。

初めてお会いした時、
ヴィクトリア・べッカムにすごく似ている!

と思い、以前から彼女のファンである私は、
Cécilia先生をなんだか昔から知っているような…
あのスパイスガールのヒット曲を聞いた20年くらい前から?
なんて、他人ではない気持ちに(一方的に)なりました(*^^*)

外見だけでなく、落ち着いた様子もヴィクトリア?
こんな素敵な講師が大勢いるアンサンブルは改めてすごい、
と自画自賛してしまいます。

はい、はい、
そろそろレッスンの本題に入らないといけませんね。

Cécilia先生は FLEの修士号を取得されていて、
講師歴も2007年からの10年以上!
香港のアリアンス・フランセーズでも教えていたことのある大ベテラン。

豊富なキャリアをお持ちだけあって、
教え方はもう本当にプロ中のプロといった安定感です!

アンサンブルではまだデビューしたてですが
「すぐに予約が取れなくなっちゃうんだろうなぁ…」
と、空を仰ぎたくなる感じです。
(アンサンブルメイトならこの気持ちわかりますよね?)

で、今回は日常会話のレッスンでした。
先生とはまだ2回目だったので、お互いに詳しい自己紹介と
趣味についての話題がメインとなりました。

Cécilia先生に教えていただいたことの中で、
特に「これは絶対に覚えないと恥ずかしい!」と思ったのは、



J'ai passé une bonne journée.
passer le temps(時間)

⇒(時間)を過ごす


Je suis passée chez ma mère.
passer à Nom (lieu 場所)

⇒(場所)に寄る


動詞"passer"の使い分けと、意味の違いです!
特に、複合過去では助動詞がavoir, êtreどちらも可能なので、
しっかりと区別して覚えなければいけません。

私もこのことは大昔に習ったはずなのですが、
いつの間にかすっかり頭の中でこんがらがっていたようです。

さりげない会話からもこのように的確に、
”私の弱いところ”を指摘し、考えさせてくれてありがたいです。


【レッスンの覚書】

C'est plus joli que le nord de la France.
それはフランスの北より美しい。
(南フランスの景色が素晴らしいという話題の後に続いた一言)

C'est plus utile que mon ancien agenda.
これは前の手帳よりも使いやすい。

les ouvriers
工場労働者、工事の人たち
(レッスン中に内装工事の人が続々家に入ってきたので)


発音もしっかり直してもらえて、
確実に成長したと手ごたえを感じられる濃いレッスンでした。

日本語も完璧なCécilia先生、初級の方でも安心です。
予約が取れなくなってしまう前に、ぜひ一度ご受講くださいね☆
 
 
デビューされたばかりのCécilia先生に
応援のクリックをお願いします♪

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランス情報なら FRANCE 365 △



フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!



2017/04/25

始めよう!ビデオ講座でスムーズ学習☆(10)

Bonjour à tous ! フランス語講師のDaisukeです。

今日はさっそくですが、次の文章をフランス語にしてみてください。

「私は鉛筆を持っていません」

とっても簡単そうな文章ですが、
正しくフランス語にすることはできていますか?


さあ、今回はフランス語ビデオ講座の文法解説編から、
「文法25課 不定冠詞と否定のde」編
を見ていきましょう☆


今回も文法解説画面をのぞいてみましょう☆
※画像は一部加工しています。

pas de + 名詞 
その名詞が「ない」「存在しない」という時に用いられる表現です。

そこで、冒頭の文章をフランス語にしてみると、

私は鉛筆を持っていません。(持っている鉛筆がない、存在しない)
⇒ Je n'ai pas de crayon.


否定文だったら何にでも「否定のde」を付けていいの?

こんな疑問を持った方もいるのではないでしょうか?
それは…ビデオを見てのお楽しみ!

Miwa先生が「なぜそうなるのか」「どういう時に否定のde」を使うのか、
わかりやすく、丁寧に解説してくださっています☆

解説に合わせて補足説明なども表示されますので、
目と耳でしっかり理解できるので、学習効果も抜群!

もちろん、日常的に良く使う表現や、動詞の活用も
ビデオ内でしっかり学習できます。

気になった方はまずは無料視聴でビデオ教材の良さを実感してみてくださいね!



では、最後に問題を2つ。
次の文章をフランス語で言ってみましょう!

① 私は車を持っていません。
② 彼はインゲン豆を持っていません。

次回もビデオ講座の魅力をお伝えしますので、
どうぞお楽しみに!


【前回の問題の答え】
① これらの花(女性・複数)⇒ ces fleurs
② この冬(男性・単数)cet hiver 



アンサンブルのビデオ講座が気になる!
という方はぜひクリックお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランス情報なら FRANCE 365 △


フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2017/04/21

フランス語講師 Keiko先生

Bonjour !
Keiko先生の自己紹介ビデオが完成しました。
聡明かつ笑顔の素敵なKeiko先生は、テンポ感よく無駄のないレッスンを行います。



Keiko先生  (受講感想はこちらからご覧いただけます)

経歴/講師歴2014年より 日本の大学・大学院にてフランス語学(学士)と社会学(修士)を学んだ後、フランスに渡り社会学修士取得。フランス滞在中に翻訳を学び、帰国後は通訳•翻訳業務に従事。
学歴/熊本大学大学院地域科学科社会学修士修了、フランス国立社会科学高等研究院(EHESS)社会学修士修了。
言語/フランス語、日本語
得意分野/発音矯正、社会、哲学、心理、生活一般
趣味/料理、ものづくり、音声学
好きな休日の過ごし方/純喫茶めぐり、パン作り、ごろごろ。
好きな食べ物/フロランタン、チーズケーキ、アジア料理
嫌いな食べ物/ホルモン
好きな飲み物/珈琲、レモネード、ラッシー


自己紹介、メッセージ/
Bonjour, tout le monde ! Je m’appelle Keiko. 
流れるような優しいフランス語の音の響きが大好きです!専門は社会学ですが、
趣味で音声学をしていました。日本語にない音をどうしたら理解できるのか、
どの音をどんな風に練習したらいいのか…。発音は意識の向け方次第で
どんどん良くなっていきますよ!笛の練習でもするような気持ちで、
口の形や舌の位置を体が覚えてくれるように、毎日少しずつ訓練するのが◎です!

計8年ほど過したフランスですが、最初は本当に戸惑ったことを思い出します。
私が1番困ったのは自分の性格で、発音が違ったらと恥ずかしくて黙ってしまったり、
話されていることが分からないのについ分かったふりをして相槌を打ってしまったり、
文法を間違わないようにと気にしすぎて会話の幅を狭めてしまったり…。

あのとき、このEnsemble en Françaisのようなオンライン学校があったら
どんなに助かったのかなあと思います。そんな自分の体験を参考にしつつ、
皆様が「フランス語を話せるようになりたい」という思いを少しずつ実現できるように
全力で応援いたします。どんな授業をしたいのか相談しながら、一緒にがんばりましょう!


レッスンスタイル/
■楽しくリラックスした雰囲気で、生徒さんが積極的に話しやすい授業を心がけます。
■各生徒さんの希望に沿った内容になるように、また限られた時間を効果的に使い
授業を進めていけるように授業内容に関する事前のやりとりをしましょう。
■私の授業では、文学よりも時事や雑誌やチラシなどの日常の教材を使うことが多いです。
■文法テキストは当校のオリジナルテキストを使用しますが、他のテキストをご使用になりたいときにはご相談ください。


入門/
まったく初めての方にはABCから丁寧に指導いたします。まずは簡単な挨拶や会話から入り、
自己紹介や他己紹介ができたり、基本的な質問には答えられるようになることを目指します。

初級/
文法テキストを使いながら、1つ1つの課がしっかりと自分のものにできるように
ゆっくり丁寧に進めていきますが、進行スピードはご希望に合わせて行います。
ロールプレイなども取り入れ、言葉が口からでやすいように練習しましょう。
フリートークをご希望になる方は、日常会話または簡単なテキストを使いながら行います。



Keiko先生のレッスン、受けてみたい!
という方、「ぽち」の応援を
お願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランス情報なら FRANCE 365 △


フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2017/04/19

フランス人に「Non」と言う勇気、言われる勇気

Bonjour !
アンサンブルフランス語講師のDaisukeです。

今回は、「Non」と言う勇気、
言われる勇気についてお話したいと思います。
 
フランス語で会話をする時、
返事の仕方でちょっとまごついてしまうことってありませんか?
「あれ?Ouiで答えるんだっけ?Nonで答えるんだっけ?」
 
フランス語を勉強し始める時、
日本語の感覚をそのままフランス語に当てはめると、
うまく訳せなかったり話せなくなることはよくあります。
特に、返事の仕方は日本語の感覚とフランス語のそれでは大きく異なります。
 
そんな時は、フランス語の持っている「特徴」をしっかりと理解することで、
解決することができます。
 
日本では、返事をする時には
「相手の話を聞いているかどうか」
「相手の『言っていること』に賛成するかどうか」で
「はい」「いいえ」どちらを言うかが決まります。
 
例えば…
 
A 昨日は暑くなかったですよね。
‐B はい、暑くなかったです。
‐B いいえ、暑かったです。


のように言いますよね?
この時Bさんは、Aさんの言っている事に対して
「同調する」か「同調しない」かで
「はい」「いいえ」を使い分けています。
 
この時の「はい」「いいえ」は
Aさんとの「関係」が重要な要素となっていて、
「暑かった」「暑くなかった」、という「事実」は関係ありません。
 
それに対してフランス語では
 
A Il ne faisait pas chaud hier, n’est-ce pas ? (昨日は暑くなかったですよね?)
‐B Non, il ne faisait pas chaud.  (いいえ、暑くなかったです)
‐B Si, il faisait chaud. (いいえ、暑かったです)
 
と答えます。
日本語に訳すとどちらも「いいえ」となるため、
日本人は少し混乱をしてしまいます。
 
この時の「Non」はAさんの言ったことに対して
打消しや反対意見を述べているのではなく、
「暑かった」「暑くなかった」の事実に対して、
「暑くなかった」という意味の「Non」を使っています。
 
フランス語で会話をする時、時々
「Je ne suis pas d’accord avec toi. (いや、君には賛成できない)」
と言われることがあります。
 
日本人はこれを言われると
「自分そのものを否定された」ような気分になってしまい、
必要以上に傷ついてしまうことがとても多いのです。
 
しかし、フランス人がこういう時、
「あなたのその意見には賛成できない」という意味しかなく、
「あなたそのものを否定している」わけではありません。
 
「君の意見には賛成できないが、君がその意見を持つことは指示する」
とよく言います。フランス人は議論好き。
 
ほんの些細なことでもひたすら議論することがあります。
しかし、滅多なことで言い争いに発展することはありません。
Nonと言ったとしても、相手そのものを否定しているという意味がなく、
あくまでも事実やその意見に対して「だけ」Nonと言っている、
という背景があるんですねえ。
 
フランス人と会話していて、
「どうしてそんなこと言うの?!」と傷つきそうになったら、
ちょっと思い出してみてくださいね。
 
 
 

 
 

 
 
応援のクリックをお願いします(^O^)/
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランス情報なら FRANCE 365 △



フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2017/04/14

ケベックに行ったら petit déjeuner がない!ところ変われば、フランス語も変わる!?

Bonjour ! アンサンブル講師のAkiyoです。





昔、カナダのケベック市に1ヶ月滞在していたときに
多様なフランス語の一部に触れました。
その時の個人的体験談に少しお付き合い下さいませ。

ケベコワフレンチ・・・って、
その名前だけは聞かれたことがあるのではないでしょうか。


フランスのフランス語とは相当違います

何より発音が大きく異なりますが、
使用する単語や表現もあれこれと違いを感じました。


最初に戸惑ったのは、食事に関する語。

フランスでは、

朝食 petit déjeuner
昼食 déjeuner
夕食 dîner


ですよね。


ところが、ケベックに行ったら petit déjeuner がない!

ケベコワは朝食を食べない・・・のではありません。


朝食 déjeuner
昼食 dîner


と一つずつずれて、

夕食を souper

というのです。
(ちなみに souper はフランスでは夜食です)


déjeuner や dîner と言われるたびに混乱していましたが、
帰る頃にはすっかり慣れて、
自分でも souper とか自然に言うようになっていました。


しかし、これはケベックだけではなく、
フランスのお隣ベルギーでもケベック式なそうです。


 

アンサンブルの生徒さんには、
フランス語圏在住の方もとても多いです。

様々な国にお住いの皆さんの土地では、
どのような違いがあるのでしょうか?





ところ変われば、フランス語も変わる!?
面白いですね、応援のクリックをお願いします(^O^)/
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランス情報なら FRANCE 365 △



フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!


2017/04/12

始めよう!ビデオ講座でスムーズ学習☆(9)

Bonjour à tous ! フランス語講師のDaisukeです。

前回、「所有形容詞」編をご紹介しましたが、
皆さん覚えていますか?

今回は、その所有形容詞と同じくらいよく使う、
「この(その)」「これらの(それらの)」
という指示を表す形容詞、その名も
「指示形容詞」
をご紹介します☆

そこはやっぱりフランス語、お決まりの〇〇一致があるので、要注意!


さあ、今回はフランス語ビデオ講座の文法解説編から、
「24課 指示形容詞」編をご紹介☆


今回も文法解説画面をのぞいてみますよ☆
※画像は一部加工しています。

「所有形容詞」の15個に比べると、ずいぶん数が少ないような気がしますが、
それでもやっぱり4つもあるんですねえ。

フランス語の形容詞は、名詞の性と数に一致させる
という決まりはもう覚えましたか?

この指示形容詞にはいくつかのルールがあるようですが…
それはビデオを見てのお楽しみ☆

Miwa先生と一緒に楽しくルールを習得して、
4つある指示形容詞を正しく使い分けられるようになりましょう!

もちろん、日常的に良く使う表現や、動詞の活用も
ビデオ内でしっかり学習できます!

【指示形容詞の使い方の例

上の説明を見ながら、指示形容詞を当てはめてみると…
・この本(男性・単数) ⇒ ce livre  
・この席(女性・単数) ⇒ cette place


では、最後に問題を2つ。
次の文章をフランス語で言ってみましょう!

① これらの花(女性・複数)
② この冬(男性・単数)

次回もビデオ講座の魅力をお伝えしますので、
どうぞお楽しみに!


【前回の問題の答え】
① 私の友達(男性・複数)⇒ mes amis
② 君の友達(女性・単数)⇒ ton amie (母音から始まる、もしくは無音のhから始まる女性名詞の前では、男性形の所有形容詞を使います。)



アンサンブルのビデオ講座が気になる!
という方はぜひクリックお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランス情報なら FRANCE 365 △


フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

2017/04/11

フランス語講師 Cyrielle先生

Bonjour !

Cyrielle先生の自己紹介ビデオが完成しました。
FLE所持、プロ意識の高いCyrielle先生は明るく楽しいだけでなく、必ず身になる有意義なレッスンを行います。受講の参考に、ぜひご覧ください。



Cyrielle先生  

経歴/講師歴2016年より CPU(Coup de Pouce大学)にて、ボランティアとして夜間講座のフランス語講師―会話レッスン、筆記指導、文法指導。Adwork's等人材派遣企業にて人事担当、秘書その他業務、MRI Relocationにて事務アシスタント、大阪教育大学にて夜間講座のフランス語講師(2010年12月―2011年3月)
学歴/パリのAlliance FrançaiseにてDAEFLE(フランス語教授法)取得、リヨン第三大学にて日本研究の学位取得、リヨン第三大学大学院にて企業文化論日本科修士号取得。
言語/フランス語(母語)、英語(B2)、日本語(B1)
得意分野/グループレッスン(A1-A2)、個人レッスン(全レベル)、テーマ別レッスン(会話、フランス語圏文明、仏作文、文法、動詞活用など)
趣味/旅行、読書、グルメ
好きな休日の過ごし方/料理、映画鑑賞、お散歩
好きな食べ物/刺身、寿司、たこやき、お好み焼き、チーズ、シャルキュトリ
嫌いな食べ物/ありません。
好きな飲み物/コーヒー、紅茶、お水、アルコール


自己紹介、メッセージ/
Bonjour, Cyrielleといいます。2016年からフランス語講師として活動しています。日本で教えた経験もあります。現在は大阪に住んでおり、愛着を感じています。私は元来好奇心が強く文化や言語の相違に関心があります。レッスンでは出来る限りフランス語を使いますが、生徒様からのご要望があれば英語や日本語で説明可能です。皆さんにレッスンでお会い出来るのを楽しみにしています!


レッスンスタイル/
私の意見では、生徒様が好きな題材を扱ってフランス語を教えることが最も重要だと思います。そうすることで生徒様のモチベーションと感度が上がります。また、生徒様の苦手を把握し、克服できるようお手伝いすることはとても大切です。生徒様の声に耳を傾け、習得した点とそうでないものを素早く分析します。
生徒様のレベルに応じて各自の要望に対応します、そのためにCECR(ヨーロッパ言語共通参照枠)の実用的で言語学的な目標を参考にします。授業における私の目標は、自分の教育法が楽しく、革新的で、活気に満ちていることです。そのためにも、スムーズなコミュニケーションを基本としています。
使用教材は多岐にわたります。歌を教材にしてもいいですし、新聞記事や写真または動画を用いることも可能です。


入門~初級/
以下のことをフランス語で表現するためのレッスンを行います:出会いのあいさつ、自己紹介、人や物の描写、身の回りについて話す(生活、趣味、仕事)、何かを頼む(簡単な質問をする)、時間や空間に身を置く。

初級~中級/
情報提供を求める、意見を求める、注文/会計する、助けを提案する、なにかを承諾/拒否する、勘定を表現する(好み、関心)、見解を表現する、未来について話す、過去の経験について話す。

上級/
発音を完璧にする、様々な感情を表現する(不平を言う、だれかを非難する、相手を安心させる)、助言を与える、~しないよう勧める、仮定を行う、可能性を表現する、論証する。



Cyrielle先生のレッスン、興味あり!
という方、「ぽち」の応援を
お願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランス情報なら FRANCE 365 △


フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!