2016/11/16

【解答】なにかと便利なon、性数一致する・しない?
【ブログで極めるフランス語Vol.106】

Bonjour à tous, c'est Dany ! 皆さんこんにちは、Danyです!

Notre énigme de la semaine était la suivante:

今週のミステリーは以下でしたね:

Complétez les deux phrases suivantes : 次の2文を完成させてください:


- On est ______ dans la famille.

① grand ② grands  
③ grande

- Allez les filles ! On est ______, on ne va pas se laisser abattre !

① courageux  ② courageuse  ③ courageuses



Les réponses correctes étaient...






 et!!

なんと、片方は一致する、もう片方は一致しないという驚きの結果ですね!
いったいどうしてなのか、下記よりDany先生がしっかりと解説してくださいます☆

こちらをゆっくりじっくりご覧いただいたうえで、
Miwa先生による日本語の補足解説に移られてくださいね(^^)

Tout d'abord, vous l'avez remarqué, avec le pronom "on"
le verbe se conjugue toujours à la troisième personne du singulier. 

Pour l'adjectif en revanche, il existe deux possibilités.

1) Si "on" peut désigner à la fois une seule ou plusieurs personnes
on utilise le masculin singulier:

On est grand dans la famille.

Tout le monde est grand dans la famille mais chaque personne est grande elle-même. On pourrait également dire: Je suis grand dans la famille. La phrase aurait également du sens.


2) Si "on" désigne obligatoirement plusieurs personnes, on utilisera le masculin ou féminin pluriel.

Allez les filles, on est courageuses ! On ne va pas se laisser abattre.

Toutes les filles sont courageuses ensemble. On suppose qu'elles forme une équipe et que, seule, l'une d'entre-elles n'aurait peut-être pas le courage. 
Ici, "on" pourrait être remplacé par "nous".

Le sens est donc primordial pour accorder l'adjectif avec le pronom "on" !

A  bientôt !


【日本語解説と補足】(今回も主にDany先生解説の和訳です)

クイズの正解は、①と③でしたね!

- On est grand dans la famille.

(人は(誰でも)家族の中では偉大だ。)

- Allez les filles ! On est courageuses, on ne va pas se laisser abattre !

(さあ女子たち!私たちは勇敢よ、打ち負かされるままにしないわよ!)

まず第一に、皆さんも気づかれたと思いますが、
不定代名詞"on"はつねに、動詞は三人称単数形に活用されますよね。

ただし形容詞に関しては、2つの可能性があります。

1) もし"on"が  同時に一人または複数の人を指し示す場合、
形容詞)は三人称単数を用います:

On est grand dans la famille.

家族においては全員が偉大ですが、一人一人もまた偉大な存在です。
ですから上記のフレーズは

Je suis grand dans la famille. 

と言い換えることができ、意味するところは同じです。


2) もし"on"が強制的に複数の人を指している場合
形容詞は)男性複数または女性複数を用います。

Allez les filles, on est courageuses ! On ne va pas se laisser abattre.


ここでの"on"は、発言者の少女を含めた"les filles"という集合体を指しています。

共に力を併せているとき、すべての少女たちが勇敢です。
彼女たちは1つのチームを成しているといえ、仮に一人だったら

同じような勇気は持てないかもしれません。

ここでは、"on"は"nous"に取って代わることができますね。
会話ではよく「私たち」という意味で"on"を使うことが多いですよね。

文脈によって"on"にまつわる形容詞の語尾変化はケースバイケース、
「一人を指す(こともある)か」「複数の人を指すか」という点が
決め手となるようですね。

ともあれ、もっともよく使われる「私たち」という意味での"on"は、
形容詞(や過去分詞)は「意味上の主語に性数一致する」と覚えましょう。

解説:Miwa



不定代名詞"on"のまとめ:
「私たち」という意味では「意味上の主語に」性数一致する。
「人は誰でも」という意味では男性単数形のまま。
ぜひメモしておきましょう☆

解説を読んでスッキリされたという方、
Dany・Miwa先生に感謝のぽちお願いします(^^)
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ





フランス語文法を独学で極めたい方
アンサンブルのビデオ講座をぜひお試しください!
Miwa先生がとことん解説くださいます☆
↓ ↓ ↓
http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします



フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!


0 件のコメント:

コメントを投稿