2016/08/31

【解答】攻略しよう!代名動詞の性数一致(3)
【ブログで極めるフランス語Vol.95】

Bonjour à tous, c'est Dany !

皆さんこんにちは、Danyです!

Notre énigme de la semaine était la suivante:

今週のテーマは以下でしたね:

Conjuguez le verbe entre parenthèses dans la phrase ci-dessous.

下記のフレーズにおけるかっこ内の動詞を活用させてください。


Elles se sont (rendre) compte que le train était en retard.


La bonne réponse était... 正解は…





Elles se sont rendu compte que le train était en retard.

動詞"rendre"の過去分詞は"rendu"
そして過去分詞は再帰代名詞に一致しない、が正解でした!

では、どうして性数一致が起こらないのでしょうか?
下記よりDany先生がフランス語で説得力のある解説を行ってくださいます。
こちらを読んで納得できれば、もう代名動詞を怖がることはありませんね(^^)

Miwa先生の日本語解説と補足はその後に続きます、
両方ともしっかり目を通しましょう☆


La règle est extrêmement simple à retenir: 
on n'accorde jamais avec la locution "se rendre compte".

La raison est en réalité logique. 

Comme nous l'avons appris ce mois-ci, le participe passé des verbes pronominaux ne s'accorde que si le COD (complément d'objet direct) est placé avant le verbe.  

Or, dans l'expression que nous avons découverte aujourd'hui, "compte" est justement le COD du verbe "rendre".

Étant donné que "se rendre compte" est une locution
autrement dit que les mots ne peuvent jamais être séparés, le complément d'objet direct ne peut changer de place. Il ne faudra donc fatalement jamais accorder.

A la semaine prochaine !


【日本語解説と補足】

クイズの正解は…

Elles se sont rendu compte que le train était en retard.

(彼女たちは電車が遅れているとわかった。)


過去分詞"rendu"は再帰代名詞se (=elles)に一致しません

理由を一言で片づけるなら、
la locution(熟語)である"se rendre compte"は決して一致しない
という規則があるからです。

とはいえ、その規則はちゃんと筋が通っています。

今月、第93回94回で学習したように、代名動詞の過去分詞は
再帰代名詞seが動詞の直接目的語である、つまり
直接目的語が動詞の前に来ている場合のみ性数一致します。

そして今回見ていただいた熟語"se rendre compte"内の"compte",
これがまさに動詞rendreの直接目的語なのです!

男性名詞である"compte"、「計算、口座、報告」といった意味ですが、
"se rendre compte"という熟語内では無冠詞なのが気になります。

そうか、これは熟語だから、
これまでの代名動詞の規則は適用されないのかもしれない、、、
と思ってしまった方はいませんか?

(かく言う私はそう思い込んで、よく迷いました^^;)

しかしながら、compteに冠詞がついていようといまいと、文法的に見て、
compteは紛れもなく動詞rendreの直接目的語なんです。

そして、直接目的語は動詞の後ろに来ているわけですから、
過去分詞renduが語尾変化することはありえないんですよね。

しかもDany先生によれば、
熟語かつ定型表現ともいえる"se rendre compte"を成す単語3つは、
決して離れたり順番が入れ替わったりできないそうです。
ですから、名詞"compte"が補語人称代名詞"le"に替わって、
動詞の前に来る(=語順が変わる)など不可能なんですね。

何はともあれ、たとえ熟語であっても
"se rendre compte"が複合時制において性数一致しないのは、
文法的に説明がつくわけですから、

これまでに学んだ判断基準に自信を持って、
今後いかなる代名動詞も迷わず正しく活用させましょう☆

解説:Miwa



se rendre compte...
冠詞がなくたってcompteが直接目的語!

代名動詞の謎はすべて解けた気がする☆という方、
Dany&Miwa先生に感謝のクリックお願いします(^o^)/
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

代名動詞についてもっと詳しく知りたい方
ビデオ講座の文法編20をぜひご覧ください!
Miwa先生がとことん解説してくださいます☆
↓ ↓ ↓
第20課に直接アクセスしたい方はコチラより。

http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします



フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!
 

0 件のコメント:

コメントを投稿