2016/06/22

【解答】全文書き換えにトライ!直接話法と間接話法(2)
【ブログで極めるフランス語Vol.86】

Bonjour à tous, c'est Dany !

Notre énigme de la semaine était la suivante:

こんにちは、Danyです!
今週の謎は以下でしたね:

Mettez la phrase suivante au discours indirect:

下記の(直接話法の)フレーズを間接話法にしてください。

Elle pensait: "Je vais passer mon examen aujourd'hui".

La réponse était:

Elle pensait qu'elle allait passer son examen ce jour-là. 

なな、なんと
従属節の時制のみならず aujourd'hui という言葉まで
ce jour-là に変わっています。正解できたでしょうか??

下記よりまずはDany先生が書いてくださったフランス語の解説を読みましょう。
Miwa先生の日本語解説もどうぞお見逃しなく!



  • Aujourd'hui devient "ce jour-là"
    EX  
    Il disait: "Je vais faire les courses aujourd'hui"
             → Il disait qu'il allait faire les courses ce jour-là.


  • Hier devient "la veille"

    EX  Nous disions: "nous avons fini nos devoirs hier".
             → Nous disions que nous avions terminé nos devoirs la veille.


  • Demain devient "le lendemain"
    EX  Elles ont crié: "Nous nous reverrons demain!".
             → Elles ont crié qu'elles se reverraient le lendemain.

A bientôt !


【日本語の解説と補足】

Elle pensait: "Je vais passer mon examen aujourd'hui".

(彼女は「今日テストを受けよう」と思っていた。)

この文を間接話法に書き換えた正解は…

Elle pensait qu'elle allait passer son examen ce jour-là. 
      
(彼女はその日にテストを受けようと思っていた。)


まず今回は、主節の動詞が【半過去形】でしたよね。
この場合、従属節の動詞は時制の一致を起こすのか否か?

正解は上記のとおり、Ouiです!
動作が過去において完了したかどうか不明とはいえ、
半過去だって立派な過去時制ですからね☆

さて上記の文、
直接話法では"Je vais passer..."と発言内の時制は近接未来ですが、
近接未来が過去時制に一致するときは、助動詞allerの時制が動きます。
allerの時制は現在形ですから、規則通りこれを半過去形にして、

Elle pensait qu'elle allait passer... となるわけです。

そして今回注目すべき最大のポイントは、
直接話法における aujourd'hui(今日)が、間接話法では
ce jour-là(その日)に変わっていたこと!

これは「今日」「その日」という和訳からもわかるように、
発話の基準となっている時点が異なるからなんです。

直接話法で基準となるのは「発言中の時点 = 」で
間接話法の基準は「主節の時点」ですから、

主節が過去時制の場合、基準となる時点も過去なので、
「今」を基準としている「今日 aujourd'hui」は使えないのです。

日本語でも自然に言い換えていますよね、
(今を基準として)「今日はいい天気だ。」
(過去を基準として)「その日はいい天気だった。」

フランス語でも同じです!

では、基準の時制が「今」でない場合…

  • Aujourd'hui (今日)⇒"ce jour-là"(その日)
    EX  
    Il disait: "Je vais faire les courses aujourd'hui".
      彼は「今日買い物しに行こう」と言っていた。
             → Il disait qu'il allait faire les courses ce jour-là.
      彼はその日に買い物しに行こうと言っていた。


  • Hier(昨日)⇒"la veille"(その前日)

    EX  Nous disions: "nous avons fini nos devoirs hier".
      私たちは「昨日宿題が終わった」と言っていた。
             → Nous disions que nous avions terminé nos devoirs la veille.
      私たちはその前日に宿題が終わったと言っていた。


  • Demain(明日) ⇒"le lendemain"(その翌日)
    EX  Elles ont crié: "Nous nous reverrons demain !".
        彼女たちは「明日また会おうね!」と叫んだ。
             → Elles ont crié qu'elles se reverraient le lendemain.
      彼女たちは(その)翌日にまた会おうと叫んだ。

…となります。
他にもいろいろありまして、

la semaine prochaine(来週)⇒ la semaine suivante(その翌週)
le mois dernier(先月)⇒ le mois précédent(その前の月)
dans 3 jours(3日後)⇒ 3 jours plus tard / après(その3日後)
il y a 2 ans (2年前)⇒ 2 ans auparavant / avant(その2年前)

"La liste est longue... "
リストは長い=まだまだあります。

これらはもう、頭に叩き込むしかないです!
そうすることによってのみ、過去時制の間接話法がマスターできます。

ポイントは基準となっている時点が「今」かそうでないかです。
一緒に頑張りましょう~ p(^o^)q

解説:Miwa



時制の一致は動詞だけじゃない、
「時間の副詞」も一致するんです!

間接話法は奥が深くて難しいおもしろいと思われた方、
マスター目指してやる気のクリックお願いします☆
↓ ↓ ↓



にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします



フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

0 件のコメント:

コメントを投稿