2016/06/15

【解答】クイズで学ぼう!直接話法と間接話法(1)
【ブログで極めるフランス語Vol.85】

Bonjour à tous, c'est Dany !

Notre énigme de la semaine était la suivante:

みなさんこんにちは、Danyです!
今週の謎は「直接話法⇒間接話法」に関する以下のものでした:

Mettons la phrase suivante au discours indirect:

以下のフレーズを間接話法に書き換えるとき、空欄に入る動詞は
①、②のうちどちらが正しいでしょう?


Il m'a dit "Je vais bien".
→  Il m'a dit qu'il _____ bien.


① va   ② allait



La bonne réponse était... 正解は…




Le numéro…② !


さあ、下記よりDany先生の解説がスタートです。
今回は少々長めですので気合いを入れて、読解頑張りましょう!
こちらを読まれたうえで、Miwa先生の日本語解説に移られてくださいね☆

Le discours indirect sert à rapporter des paroles
Lors de cette transformation, les éléments de grammaire tels que le temps ou les pronoms changent également. Il faut donc réfléchir de manière mathématique et, surtout, bien connaître sa conjugaison !

  • Règle 1: le présent devient imparfait
  Il m'a dit: "Je vais au travail".
  →  Il m'a dit qu'il allait au travail. 

  • Règle 2: le futur devient conditionnel présent
  Il m'a dit: "Tu viendras avec moi". 
  → Il m'a dit que je viendrais avec lui. 

  • Règle 3: le futur antérieur devient conditionnel passé
  Il m'a dit: "Vous aurez terminé avant midi".
  → Il m'a dit que nous aurions terminé avant midi.  

  • Règle 4: le passé composé devient plus-que-parfait
  Il m'a dit: "Nous avons tout mangé".
  → Il m'a dit qu'ils avaient tout mangé.   


Bien sûr, vous l'avez remarqué, 
les pronoms personnels changent eux aussi à l'exception du sujet.

Courage !  


【日本語の解説と補足】

正解は②の allait でした!

Il m'a dit "Je vais bien". 彼は私に「僕は元気だよ。」と言った。
→  Il m'a dit qu'il allait bien. 彼は私に元気だと言った。


Le discours indirect(間接話法) 
は「」に区切られて独立した、誰かの des paroles(発言)を、
自分の言葉に言い換えて伝える話法です。

「」や guillemets ("...")で発言を表現する方法は、直接話法と言いますね。
間接話法の文を作るには、発言の前後についている guillemets を取り、
接続詞のqueを用いて主節の文と繋ぎ合わせます。

例)Il dit : "Je ne veux pas travailler !"(直接話法)
  → Il dit qu'il ne veut pas travailler.(間接話法)

例を見てお気づきのように、直接話法から間接話法への書き換えを行うとき、
時制人称代名詞といった文法要素が変化するため注意が必要です。

特に、主節(queより前の部分)が過去時制の場合、
間接話法における従属節(queより後ろの部分)の時制は
主節に一致させなければいけない(⇒時制の一致)規則があるため、
直接話法⇒間接話法への移行における時制の変化に気をつけてください!

過去時制における従属節の時制の一致には、
下記のような規則があるのでぜひしっかり覚えましょう。
  • 規則1: (直接話法で)現在→(間接話法で)半過去
  Il m'a dit: "Je vais au travail". 彼は私に「僕は仕事に行ってくる」と言った。
  →  Il m'a dit qu'il allait au travail.  彼は私に仕事に行くと言った。

  • 規則2: 単純未来 条件法現在
  Il m'a dit: "Tviendras avec moi".  彼は私に「僕と一緒に来て」と言った。
  → Il m'a dit que je viendrais avec lui.  彼は私に彼と一緒に来るように言った。

  • 規則3: 前未来 → 条件法過去
  Il m'a dit: "Vous aurez terminé avant midi".
  彼は私に「あなたがたは昼前には終えているでしょう」と言った。
  → Il m'a dit que nous aurions terminé avant midi.  
   彼は私に、私たちは昼前には終えているだろうと言った。

  • 規則4: 複合過去→大過去
  Il m'a dit: "Nous avons tout mangé". 彼は私に「僕らは全部食べた」と言った。
  → Il m'a dit qu'ils avaient tout mangé. 
   彼は私に、彼らは全部食べてしまったと言った。


もちろん、先ほども言いましたが、
間接話法においては主語人称代名詞も変化しますので、
「発話者の視点に合わせた正確な置き換え」が必要ですよね。

一応下記のように規則づけられるため、ぜひ参考にされてください:


(直接話法における)主語が1人称の場合
間接話法での主語人称代名詞は主節のそれと同じ人称である。

例)Elle dit "Je suis fatiguée". → Elle dit qu'elle est fatiguée.
  Vous avez dit "Nous serons là". → Vous avez dit que vous seriez là.


主語が2人称の場合
間接話法での主語人称代名詞は主節における間接目的語と同じ人称である。

例)Il m'a dit "Tu as l'air content". → Il m'a dit que j'avais l'air content.
  Il nous a dit "Vous êtes gentils". → Il nous a dit que nous étions gentils.


主語が人称の場合人称の変化なし

例)Il m'a dit "Ils se sont mariés". → Il m'a dit qu'ils s'étaient mariés.


ふ~…覚えることがたくさんですね!
しかし「規則は覚えてしまえば後が楽」、これは鉄則です!

間接話法に少しでも苦手意識をお持ちの方、
まずは上記の規則を徹底的に頭に入れましょう。
戦いはそれからです☆

Bon courage !!

解説:Miwa


規則があるならラッキー♪
とポジティヴに捉えて頑張りましょう!

詳しい解説を書いてくださるMiwa先生にも
感謝のぽちいただけると嬉しいです♡
↓ ↓ ↓



にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


http://kyouzaifr.com/
△アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中


△フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします



フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ
http://ensemblefr.com


△アンサンブルはマンツーマンレッスンだけど一人じゃない!

 

0 件のコメント:

コメントを投稿