2016/05/25

SOLUTION:「ふたたび開ける(ouvrir encore) 」をひと言で表すには?
【Petite leçon de Dany Vol.82】

Bonjour à tous, c'est Dany !

Notre énigme de la semaine était la suivante:

今週の謎は以下でしたね。

Choisissez la réponse correcte:

フレーズを完成させるのに適した言葉は、
①~③のうちどれでしょうか?

-Oh non ! J’ai oublié mon parapluie.

  Je dois _______ la porte et le prendre en vitesse.



① réouverture  ② réouvrir ③ rouvrir


La bonne réponse était... 正解は…




Le numéro…!


さあ、どうして正解は rouvrir なのでしょうか?
以下よりDany先生の解説がスタートします、読解にチャレンジしましょう!

Miwa先生による日本語の解説と補足もどうぞお見逃しくなく☆


En effet, le verbe qui convient est bien "rouvrir". 

Il n'existe pas de moyen précis pour connaître la manière exacte d'écrire 

ou prononcer le mot. Mais on sait que:


  • Devant une voyelle ou un h "muet", on utilise ou r.

EX) Elle a refusé de se inscrire à l’université.
EX) Je dois rouvrir la porte.

Parfois, il existe même deux manières possibles,
ce qui n'est donc pas du tout évident.


EX) Certains rajustements seront nécessaires sur sa robe.
      (ou : ajustements)



  • Devant une consonne ou un h "aspiré", on utilise re.

EX) J’aimerais reconsidérer ma décision.


  • Devant un mot commençant par la lettre s, on utilise res.

EX) Il n’a pas hésité à se resservir dans tous les plats.



Enfin, ouverture existe bel et bien, mais il s'agit d'un nom, 
pas d'un verbe.

EX) La réouverture du magasin est prévue à 13 heures.


A bientôt !

【日本語解説と補足】

「再び開ける」を表す動詞は、③の rouvrir でした。


-Oh non ! J’ai oublié mon parapluie.
  Je dois rouvrir la porte et le prendre en vitesse.

(しまった!傘を忘れた。急いでドアをもう一度開けて取りに行かなくちゃ。)



動詞に「再び…する」という意味を与える接頭語して思い浮かぶのは、
"re"ではないかと思います。revenir, recommencer, remettre, reprendre...

しかし、動詞や名詞の頭文字によって re は r や ré など様々に変化します。
そのメカニズムを明確に知る方法は無いのですが、現在わかっていることは:

  • 母音(une voyelle)または 無音のh(un h "muet")で始まる場合、
    接頭語は  または となります。
EX) Elle a refusé de se inscrire à l’université.
  (彼女は大学に再登録するのを拒んだ。)
EX) Je dois rouvrir la porte.
  (私はドアをもう一度開けなければならない。)


稀に「ré と r 両方可能」という厄介なケースがあります。

EX) Certains rajustements seront nécessaires sur sa robe.
      (ou : ajustements)

  (彼女のドレスはいくらか補正が必要でしょう。)


  • 子音(une consonne)あるいは有音のh(h "aspiré")で始まる場合、
    接頭語は re となります。
EX) J’aimerais reconsidérer ma décision.
  (私は自分の決定を考え直したいのです。)



  • sから始まる場合、接頭語は res となります。
EX) Il n’a pas hésité à se resservir dans tous les plats.
  (彼はすべての料理を躊躇なくおかわりした。)


※動詞 resservir の発音は「レセヴィー」ではなく、
ヴィーですので気を付けましょう!



最後に、選択肢①の ouverture はもちろん存在しますが、
動詞ではなく名詞です。すぐに見抜けましたか?

EX) La réouverture du magasin est prévue à 13 heures.
  (そのお店の再開は13時に予定されている。)



"re"のように、
接頭語接尾語は奥が深いですよね。

それぞれの意味を正確に把握しておくことで、
新出単語の意味を推測することができますので、
ぜひ積極的に覚えましょう!


解説:Miwa


再び開ける = rouvrir
しっかりと記憶に刻み付けましょう!
↓ ↓ ↓

今回のレッスンもためになった~☆という方、
応援のクリックいただけると嬉しいです(^^)
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


http://kyouzaifr.com/
↑↑↑ アンサンブルのフランス語ビデオ講座大好評発売中 ↑↑↑
お試しください♪




フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。

フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

http://ensemblefr.com 



0 件のコメント:

コメントを投稿