2015/03/12

南アルプスゲレンデあれこれ青と赤とそして黒!

Bonjour !アンサンブルのYaskoです。
先週も南アルプスのゲレンデを紹介させて頂きましたが
今回はレベルによって色分けをされているゲレンデを紹介します!

写真を見る限り超上級者でないと滑れないの!?
と、思われるかもしれませんが、ご安心を。

Piste verte 緑ゲレンデ⇒初級者用
Piste blue 青ゲレンデ⇒中級者用
Piste rouge 赤ゲレンデ⇒上級者用
Piste noire 黒ゲレンデ⇒超上級者用

と、この4段階に分かれています。
では早速写真で見てみましょう☆



先週の写真とはまた違ったリフトに乗りこみました…





なんとこの〇部分までリフトに乗りついで上がれるのです!





到着しました、〇部分です!何と標高2600mです!!




こちらの右側部分はいきなりですが、
超上級者コースのPiste noireです!!!
≪超上手い人用ですよ≫なんて書いてあります(^_^;)
こんな岩肌、そしてこの斜頸、凄いですね~。
こちらのコースは雪の状態と天気次第でよく閉鎖されています。
この左側の紙にも雪崩の危険がありますよ、と書いてあります。

でも柵も何もなく、まさに≪自己責任に任せます≫という感じです。

え、私ですか?
骨折したくないですのでその逆側の

Piste rougeで滑り降りました~。



傾斜はかなりありますが、天気が良いので
ゆっくり楽しく「怪我なく」滑る事ができました☆




               




そしてこのなが~~いリフトに乗り込みます。
何と全長1554m、標高は375mも登り、
2423mのゲレンデまで連れて行ってくれます。

このリフトは恐らくこの辺りでは一番なが~~いリフトで
10分程ふきっさらしの上空で移動です。寒いんです!



辿り着いたのがこちら、3キロはあろう長さのPiste blueです。
長いですが傾斜もほどほどに緩く、
普段私はこのゲレンデで足慣らしを始めます(*^。^*)




こちら、ご存知の方もいらっしゃいましたが

Tire fesseと呼ばれる、丸い円盤がついた棒に

またがってまさにお尻を引っ張ってもらうタイプのリフトです。
こちらは練習用ですが、傾斜60%の上級者向けもあるので
中々訓練が必要です。


私は初めて体験した時に何度も途中で手を離して脱線したり

引きずられたりと割と怖い思いをしたことがあります。

でも慣れます!スポーツですから!





さて、南アルプスでのゲレンデは如何でしたか?
フランスはグルノーブルにアルベールビル、
2度も冬季五輪オリンピックが行われた
ウインタースポーツの盛んな国です。

是非一度広大なゲレンデに立って体感してみて下さい!





南アルプスでいつか滑りたい!…と言う方、
応援のクリックお願いします



にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ






フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。
フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

0 件のコメント:

コメントを投稿