2015/02/14

≪アンサンブル100%活用選手権≫学習歴1年半以上 エントリーNo,16 momo さん

Bonjour !
今回はご留学中でDALF対策もされている、
momoさんより、学習方法に関しお教えいただきました。

 100-19

①エントリーカテゴリー 
②学習歴1年半以上


②学習歴
 
通算7年くらい


③フランス語学習をはじめるきっかけ
大学の第2外国語で選択したこと。
そのときは軽い気持ちでしたが、フランス語のリズムが素敵だなと思い選びました。


④フランス語学習最終目的
様々な分野について、広く、フランス語で話ができるようにすること。
細微なニュアンスを表現できるようになること。
そして将来的には、フランス語を教えられるようになること。


⑤アンサンブル担当講師(複数可)
Toshi先生中心に、ときどき他の先生も。
(最近、受けてみたい新しい先生が沢山いらっしゃいます!)


⑥普段行っている1週間の平均学習時間
(留学中なので)フランス語に触れている時間は毎日5~6時間くらい、週に35時間程度
フランス語を勉強している時間は週に3~4時間


⑦効果的な学習方法 私がお勧めする学習方法 レッスン内容
1)ディクテをすることです!
初めはゆっくりしたテンポのもの(子供向けのアニメなど)、
慣れてきたらドラマのように早い会話のものや、ニュースなどがおすすめです。

現在、アンサンブルのレッスンで、

まず耳だけで聴く
    ↓
映像付きで視聴
    ↓
大意を把握して先生に説明する

という練習をしていただいています。
宿題として、それをディクテして、次の回に添削していただいています。

初めは聞き取れないところも、何度も何度も聞くとなんとなく分かるときもあるので、
しつこく(聞き取れないときはそこだけ50回くらい)聞いています。
ディクテは、耳を鍛えるだけでなく文法の確認にもなるので、とても良いと思います!

2)フランス語を使う機会を見つけて、作ることです!
例えばボジョレーヌーヴォーの時期には、日本でもフランス人の販売員さんが
デパートに来ていたりするので、そういう方に話しかけたりしていました!
(向こうも、お、話せるの?という感じで乗り気になってくれますよ♪)

私は一度、DALF面接試験で緊張しすぎて頭が真っ白
なってしまった経験があり、その後は、とにかく経験値を積もうと、
フランス語を話す機会を(レッスンも含めて)作るように心がけました。

3)自分の行動を、逐一フランス語にしてみることです。
自分の行動を、逐一フランス語にしてみることもおすすめです。
たとえば、歯磨きをしているときは、Je me brosse les dents.
掃除機をかけながら Je suis en train de passer l’aspirateur.と口に出していっていました。まずは身近なところから、自分の使う用語を
身につけるようにしました。簡単な言葉でも意外と言えないことが多い、
ということに気づけたのが、大きな一歩だったかな、と思います。

今はフランスに住んでいるのでフランス語を使う機会は沢山あるのですが、
やはり語学力をアップさせるためには、きちんと「勉強」して、間違いを直してもらう
機会を作る必要があると思い、DALF対策を兼ねて、アンサンブルでレッスンしていただいています。


⑧役に立たなかった、自分には合わないと思った学習方法
単語を何度も書いて覚えること。
目で見て、口に出して覚える方が私には合っていました。


⑨個人ブログやホームページの紹介
ブログ http://ameblo.jp/pausecafe2/


⑩何かアピールをどうぞ!
フランス語を学ぶのは長い道のりですが、あるとき急にできなかったことができるようになったりする瞬間があり、それが励みになっています。
また、Salon de thé やブログなどで、他のアンサンブルメイトの方たちと
交流できるのも、良い刺激になりますし、とても嬉しいです。
今後ともよろしくお願いいたします!


ありがとうございました!
ご自分のペースで必要な力を把握し、対策する。という、
大変参考になる姿勢ですね。
今後もどうか頑張ってください!

皆様のご投稿も、お待ちしております。



見習いたい!と思った方は
応援のクリックをお願いします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



ランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。

フランス語学習は
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

0 件のコメント:

コメントを投稿