2014/07/31

7月30日、Dany先生によるSalon de théが開催されました!

Bonjour!

先日7月30日 (水)には、Dany先生によるSalon de thé
ベルギーと日本文化の違い・フランスとの比較〜語学・ユーモア・歴史〜」
が開催されました。

この度も大変ご好評をいただきました。
ご参加をいただき、誠にありがとうございました。

事務局ではDany先生より感想と、
H.K.様、N.M.様から参加のご感想をお預かりしております。

ご承諾を得ましたので、こちらに掲載させていただきます。

Dany先生 

Bonsoir, 
Je vous remercie pour le salon de ce soir. 
C'était réellement agréable et votre curiosité et 
vos connaissances ont rendus cette conversation 
passionnante.

C'était un plaisir de voir autant d’intérêt pour mon 
pays natal et de plus, exprimé dans un si bon français. 

Je vous remercie pour cet agréable moment.


H.K
.様

Dany先生、ごめんなさい!
私の語彙不足、ベルギーに関する知識不足で、
先生の質問にまともに答えられませんでした。

でも、サロンドテ、とても勉強になりました。
先生は、ベルギーで小学校の先生をされていたとのことで、
ベルギーの教育システムについて聞いてみたくて参加しました。

私の想像力をフルに発揮した聞き取りによると(笑)、

  ・18歳までは教育費はただ。

  ・教師は、2か月バカンスがあるが、その間の給料は出ない
   ので、
トータルを10カ月で割ると、月給はよくない。
  ・何か(?)の選考をするとき、名前は伏されている。 
   それは、名前から推測できる、国籍や性別などによる
   差別を禁じる法律があるため。
  ・ベルギー国籍を取ることは、むずかしくない。 
  ・公用語は二つあるが、それぞれの言語圏の間にはしばしば問題が起こる。
  ・ベルギーについて先生が書かれた記事が、ホームページに
   掲載される予定。など。
   (間違って聞き取っていたら、ごめんなさい。)

ベルギーと言えば、ゴディバとワッフルくらいしか知らない私でしたが、
サロンドテに参加して、俄然ベルギーに対する興味がわきました。
話を聞くと聞かないとでは、大違いですね。

これからは、「ベルギー」という言葉が聞こえたら、
耳ダンボになることまちがいなしです。
ありがとうございました。


N.M.様

今回はバカンス前の最後のSalon de theと言うことで
すぐに申し込みをしました。Dany先生とは初めて
お会いしましたがさすがにもと小学校の先生というだけ
あって本当に物腰が柔らかく気配りも出来る素敵な先生でした。

テーマは先生の出身地であるベルギーについてでした。
日本とベルギーの教育制度の違いから始まり、メンタリティの
違いをそれぞれの経験をもとに話し合いました。

またベルギーの料理やビール、チョコレートはもちろん
お祭りや最近の国内事情についても色々と興味深いお話を
聞かせていただき、時間が経つのも忘れてみんなで雑談を
するように楽しい時間を過ごす事が出来ました。

Salon de the には何回か参加させて頂いていますが
回を重ねる毎に自分の意見を自分の言葉で言えるように
なっている自分を感じます。

無料で楽しみながら会話が上達出来、毎回色々な先生や
アンサンブル仲間とお会いする事が出来るSalon de the の
企画は本当に素晴らしいと思います。

次回また9月に参加出来るのを楽しみにしています。



H.K.様、N.M.様、Dany先生、ありがとうございます!

いかがでしたでしょうか?

さて、Salon de thé も少々バカンスをいただきまして、
次回の開催は9月以降になります。

追って詳細をご連絡いたしますので、
それまでどうか素敵な夏をお過ごしください。

Bonnes vacances, et à la prochaine !


執筆佐野


Salon de théにバカンス明けに挑戦しようかな...
という方、ぜひクリックをお願いします♪

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ



ランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。
  
フランス語学習は 
オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

0 件のコメント:

コメントを投稿