2013/12/10

DELF A2 合格C様 おめでとうございます!

Bonjour !
この度DELF DALF合格のご連絡を沢山いただきました。
まさに皆さんの努力のたまものですね!
おめでとうございます。

この度DELF A2に合格したC様からご報告を頂きまして、
許可を頂きましたので掲載させていただきます。


~~~~~ここより~~~~~~~

いつもお世話になっております。
昨日、初めて受験したDELFの結果がきて、無事合格点をとりましたので、
お知らせとお礼をお伝えします。

私がはじめてフランス語を勉強し始めたのは、フランス通貨がフランの時代で、
それから独学でフランス語を勉強したり、しなかったりが長年続きました。
2年半前にアンサンブルに出会って、また一から勉強し直そうと決心しました。

今年の初め、勉強のモチベーションを上げるために試験を受けようと決めました。
仏検しか知らなかった私は、アンサンブルでDELFの存在を知り、初めて挑戦してみました。
といっても本格的にし始めたのは、秋の受験に対して、6月ごろから。。。

Isabell先生にはorale重視で毎回ロールプレイ練習、Yuki先生、Megh先生には実際の過去問題やテキストを一緒に解いたりして、解き方のコツなどを教わりました。また、Francoise先生には夏ごろから基礎的な部分をみっちり教わりました。

性格上ぎりぎりにならないとエンジンがかからない私は、1ヶ月前でラストスパートかけようと構えていたら、仕事が忙しくなり、思うように勉強する時間が取れませんでした。
そんな中、先生方とのレッスンでは励ましの言葉をいただき、今、できることをがんばろうと自分に言い聞かせて、本番に臨みました。

受験当日は朝から自分でもびっくりするほど緊張していました。
まず、Comprehension de l'oral。これがたった2回しか聞くことができなかったのですが、
自分で充分理解することができませんでした。つくづくこれは自分の弱点だと実感しました。

それからの75分間はあっという間で、時間がまったく足りませんでした。
周りのスムーズに聞こえてくるペンの音に焦りながらも、できるところから、わかるところからやりました。

Production ecritは2問の課題を見て、1問捨てました。
捨てた課題は私には少々難しくて考えている時間がもったいないと思ったからです。
次にProduction orale。まず、教官が日本人の若い女性でびっくりしました。

勝手にフランス人と思っていたのですから、、、そして、当たり前ですが、日本人でも
受験教室に入ったら、フランス語のみ、日本語禁止でした。

選択した課題がよかったせいか、わりと自分でもスラスラ話せた気がしました。
自己紹介にしても課題にしても、もういいの?という感じで、あっという間に試験は終わりました。

そして、昨日、ついに受験結果が届きました。
50点以上の合格で、ギリギリでした。そして、一番良かったのが、Productionoraleでした。
まさにこれはアンサンブルのおかげです。マンツーマンで何回も繰り返しレッスンしたおかげです。
本当に先生方にMerci beaucoupです。

無事今年の目標を実現することができて、私にとって今年はいい年になりました。

事務局の皆様、先生方、本当にありがとうございました。



~~~~~ここまで~~~~~~~~~


嬉しいご連絡をいただきありがとうございます。
今後ともお役にたてるように全力を尽くしますので、
引き続きよろしくお願いいたします。


応援のクリック、ぜひお願いします☆
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は

オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ





0 件のコメント:

コメントを投稿