2013/09/27

第30回 A la Cafet’ Asamiさんインタビュー4回目 「フランスのガストロノミーについて」

Bonjour !
第30回の A la Cafet’です。
Parisに住む Asami-Paris代表「Asami」さんに4回に渡りMikiがインタビューを行いました。

最終回の今回は「フランスのガストロノミー」について伺いました。







↓↓↓↓

http://ensemblefr.com/category/a_la_cafet


Youtubeは下記よりどうぞ



A la Cafet' 毎回聞きたい! という方、


熱い応援のぽちして頂けると元気が出ちゃいます★



にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は

オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

2013/09/26

9月25日開催のSalon de thé報告です☆

みなさんこんにちは!お喋り講師のYaskoです(^O^)

久しぶりのお茶会@Skypeが開催されました☆


テーマは「基本動詞マスター♪」でしたが、
今回のお客様はお二人ともバッチリでした!

まずは楽しく基本動詞習得のノウハウから始まり、
どんどん発音を特訓していただきました~。

Salon de théは いわゆるお堅い【フランス語特別講座】ではなく
【楽しいお茶会】なので、とにかくわいわい話しました☆


今回のテーマは動詞なので、日常や自己表現でよく使うもの、
それらの動詞には別の意味があって、こんな場面で使えるよ!
口にだしてシチュ―エーションで覚える一言・・・・

通常レッスンでは味わえない、
楽しいトークを通してのフランス語学習、
がSalon de théの醍醐味です☆


しかーーーも、今回もまた楽しいお客様にお越しいただきまして、
ベルギー在住の方でしたので、現地で使われるフランス語表現、

そして私が昔住んでいたスイスで話されるフランス語、さらに、
私が少し知っているカナダのケベック訛りのフランス語について・・・・

そこから派生しまして、スイスで旅行するならココが良いよ!、
挙句の果てにはフランス人の性格や癖等についてうんぬん。

「基本動詞マスター」というメインテーマを大きく脱線し、
全然違うことを喋りまくってしまいました(^_^;)
でもそれがまた、Salon de théの良さということにしておきましょう!


最後はフランスについて楽しく意見交換をしてわいわい盛り上がり、
フランス語学習へのモチベーションをさらに上げて頂きました!!!


やっぱりSalon de théはこうでなきゃ!

こんな風に時々息抜きをすることで頭の中をリフレッシュ!
心機一転、またフランス語の勉強を楽しく前向きに頑張ろう♪
そう思っていただく為のリラックスできる会ですので、

みなさんのご参加をお待ちしております!!!


実際にどんな雰囲気で何が話されているかは来てのお楽しみ、
実は、ここには書けない事がた~~~~くさんあるんです(汗)


え、どんなことが話されているの?すごく気になる…!という方、
是非ご参加くださいませ!耳寄りなマル秘情報が満載です!
とにかく…


日本語による気楽なお茶会


ですので、フランス語のレベルは一切関係ありません。
アンサンブルの生徒様であればどなたでも大歓迎です!

Yaskoがマシンガン全開でしゃべり、トークを回します♪
みなさんにお会いできるのを心からお待ちしております。




Salon de thé参加してみたい!と思った方
ぽちをしていただけたらまた頑張れます☆ 
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は

オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

2013/09/23

使いたくない?愛の言葉 7

Bonjour tout le monde !
講師のMiwaです。


更新をサボりすぎて忘却の危機に瀕している
「一言フランス語のコーナー」、復活します!!

しかも今回のジャンルは、またまた久しぶりの更新、
「愛の言葉」(というカテゴリが存在するんですね~)
より第7弾!

できれば絶対に「自分には」使いたくない表現ですが、
山あり谷ありの人生、一応知っておいて損はないはず、


浮気する



はフランス語でどのように言うでしょうか?

「気持ちが浮つく」、浮気、日本語の表現は上手いですね~
でもフランス語の浮気は、日本版の直訳ではありません。

そういった悪しき行為をダイレクトに表す動詞1つです!

ヒントは…
「間違える」、の代名動詞ではないバージョン、ですかね。
もう答えを言ってしまったも同然でしょうか??正解は…


tromper quelqu'un


この動詞、一般には「~をだます」という意味で用いられますが、
恋愛関係で使われる場合は「~(の愛)を裏切る=浮気する」
となります。いくつか例文を作ってみましょう、


Il trompe sa femme depuis des années.(現在形)

Il a trompé sa femme 2 fois en une année.(過去形)

Elle a été trompée par son mari il y a un an.(受動態、過去形)


などなど。

他にも条件法過去を使って、

Il aurait trompé sa femme pendant qu'elle était en Suisse.

「彼は奥さんがスイスにいた時に浮気したかもしれない

という言い方はとても使えそうですよね~

「Je」を主語にするとなんだか縁起悪い気がするので、
念のため主語をすべて三人称にしておきました(苦笑)

自分や身の回りの親しい人には使いたくない表現ですよね、
でも今後「間違えました= Je me suis trompé(e)」と言う時、

tromperってそういえば、そういう意味もあったな…
と、頭の隅に留めておきましょう^^;

A bientôt !


この表現、勉強にはなったけど絶対に使わないぞ!
という方、決意を込めた応援のポチお願いします

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は

オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

2013/09/21

フランス語無料メールレッスン開始しました!

Bonjour !
この度アンサンブルでは、
「フランス語無料メールレッスン」
をスタートしました!

2日に1回、メールでフランス語の勉強が楽しくできます。
しっかり継続して頂けるように、
毎日ではなく、あえて2日に1回に設定しましたが、

「毎日の方が良い!」
というご意見を多数いただいた場合変更も検討しますね。

アンサンブルの講師陣が作成しましたので、
役立つこと間違いなしです!!


申し込みはこちらからどうぞ~

フランス文化も一緒に学びましょう!







無料メールレッスン 受けてみたいな!
と、思われた方応援のクリックしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は

オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

2013/09/20

第29回 A la Cafet' Asamiさんインタビュー3回目 「フランス人女性の美しさの秘密」

Bonjour !
第29回の A la Cafet’です。
Parisに住む Asami-Paris代表「Asami」さんに4回に渡りMikiがインタビューを行いました。

3回目の今回は「フランス人女性の美しさの秘密」について伺いました。







↓↓↓↓

http://ensemblefr.com/category/a_la_cafet


Youtubeは下記よりどうぞ



A la Cafet' 毎回聞きたい!という方、


熱い応援のぽちして頂けると元気が出ちゃいます★



にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は

オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

2013/09/17

モンペリエのカテドラル(大聖堂 Cathedrale St Pierre)のコンサートに行きました

Bonjour à tous !
こんにちは、Yaskoです♪

先日、私のリヨン時代の同級生でモンペリエオケの友達が、
カテドラルでコンサートをしていたので聴きに行って来ました♪

モンペリエのカテドラル(大聖堂 Cathedrale  St Pierre)は
立派な梁が有名で街の観光名所にもなっています!


中世のお城みたいにどっしりとした造りですよね~



この中で演奏した友人とは、トロンボーンテナーとトロンボーンバスのThomasとRuben、
二人ともモンペリエオーケストラの奏者でまさにプロ中のプロ!

Thomasにいたっては今年の夏に韓国で開催された国際ソロコンクールで3位入賞!
自慢の友人です!


さて、この大聖堂はパイプオルガンも有名です。
どどーん!遠くからでも凄さがわかりますね~


今回はこの素晴らしいオルガンとのコンサートです。


いざ、コンサート開始!!!

写真右下を見てください、ほんのりライトアップされていますよね?
その光の中に2人のトロンボーン奏者がいるのですが…

 オルガンがあまりに大き過ぎて、2人が見えない(笑)


もうちょっとアップで・・・やっと見えましたね!


2人が吹いている楽器、トロンボーンにしてはちょっと小さいと思いませんか?

実はこの楽器、「サックバット」というトロンボーンのご先祖様です。
なので今回2人が吹いているのは、サックバットテナーとサックバットバスです。
バスはとーーーっても長いのでスライドを棒で扱うというなんとも特殊な形です♪
(ちょっと見えにくいかもしれませんね。。。)


ちなみに、プログラムの中でふつうのトロンボーンも吹いていました!
大きさを比較してみましょうか。。。


ベルの大きさを見れば一目瞭然でしょ?
向かって左がトロンボーンテナー、右がトロンボーンバスです。


いや~とっても素敵なコンサートでした♪

演奏終了後には皆で集まり、バーで楽しく乾杯しました☆

ちなみにこんな素敵なコンサートなのに、入場料無料!
フランスはクラシックコンサートがとても身近なんです!



フランスでコンサート行ってみたいな〜
と思われた方、応援のぽちお願します☆


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は

オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

2013/09/16

フランスプチツーリング Barbizon その3


Bonjour !
スタフMikiです。

天気の良い週末はバイクでフランスツーリングを楽しんでいます。

今回は画家たちに愛される小さな村”Barbizon”最終編です。

バルビゾン (Barbizon) はイル=ド=フランス地域圏セーヌ=エ=マルヌ県の村(コミューン)。
フォンテヌブローの森に隣接している。19世紀にはジャン=フランソワ・ミレーに代表される風景画家たちが集まり、バルビゾン派と称された。このため、小さな村ではあるが世界中から観光客が訪れており、村は「画家たちの村バルビゾン(Barbizon Village de Peintres)」と名乗っている。

(ウイキペディアより)


街並みをお楽しみください

ツタが素敵です

鍵屋さんの昔の看板


アトリエです

街灯も素敵ですね

素敵な傘

水彩画
思わず買おうか真剣に悩みました

お花が素敵です

オープンテラスでのんびりと

こんな感じでツーリングを楽しんでいます♪






フランスツーリングしたいという方は、

熱い応援のクリックして頂けると元気が出ちゃいます


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は

オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ




2013/09/13

第28回 A la Cafet' Asamiさんインタビュー 2

Bonjour !
第28回の A la Cafet’です。
Parisに住む Asami-Paris代表「Asami」さんに4回に渡りMikiがインタビューを行いました。

2回目の今回はAsamiさんが代表を務める「Asami-Paris」 のことや、 ハイヒールの正しい歩き方などを伺いました。







↓↓↓↓

http://ensemblefr.com/category/a_la_cafet


Youtubeは下記よりどうぞ



A la Cafet' 毎回聞きたい!という方、


熱い応援のぽちして頂けると元気が出ちゃいます★



にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は

オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ

2013/09/12

フランスプチツーリング Barbizon その2


Bonjour !
スタッフMikiです。

今回も画家たちに愛される小さな村”Barbizon”をご紹介します。

バルビゾン (Barbizon) はイル=ド=フランス地域圏セーヌ=エ=マルヌ県の村(コミューン)。
フォンテヌブローの森に隣接している。

19世紀にはジャン=フランソワ・ミレーに代表される風景画家たちが集まり、バルビゾン派と称された。このため、小さな村ではあるが世界中から観光客が訪れており、村は「画家たちの村バルビゾン(Barbizon Village de Peintres)」と名乗っている。

(ウイキペディアより)



Barbizonは小さな村ですが、画廊が沢山あります。
バカンス時期で半分のお店しか空いていませんでしたが、
その中で雰囲気の良い画廊に入りました。
(実はショーウインドウから見て絵のお値段がそんなに高くなかったので入りやすかったのです)


この雰囲気大好きです

花の絵素敵ですね



マグネット式の可愛い立体絵を発見!
次回のイベントのプレゼント用に生徒様のために購入しました☆















続く。。。。

フランスツーリングしたいという方は、

熱い応援のクリックして頂けると元気が出ちゃいます


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は

オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ