2012/12/04

プロヴァンス風ノエルの過ごし方 その1

Bonjour à toutes et tous !
C'est bientôt Noël ! 
みなさまこんにちは、アンサンブル講師のAyakoです。
もうすぐノエル(クリスマス)ですね! 


南仏では春を思わせる暖かいノエルの年も珍しくありません。 

暖かいノエルの年に南仏の老人が言う一言。

Noël au balcon, Paques aux tisons.
(ノエル・オー・バルコン、パック・オー・ティゾン)
「バルコニーで過ごせるほど暖かいノエルの後は、
薪の側で過ごすほど寒い復活祭(3~4月)になる」 
これ、毎年検証していますが・笑、外れたことがないのです。
この逆もありで、寒いノエルの後は暖かい復活祭になります。

Bref, je vous présente un Noël typique provençal, aujourd'hui.
Noël commence le 4 décembre, le jour de la Ste Barbara.
さて、今日はフランス家庭の典型的なノエルを少し紹介します。
フランスのノエルは12月4日サント・バルバラの日から始まります。

Nous semons des graines de blés ou des lentilles dans un récipient couvert de coton humide,
en espérant passer l'année suivante en pleine santé et richesse.
この日に小麦やレンズマメの種を、濡らした脱脂綿を入れた小皿の中に蒔き、
ノエルまでに見事に芽が出そろったら次の年は健康に過ごせ、金運にも恵まれるというもの。


Nous décorons un sapin de Noël, mais aussi une crèche de Noël, qui représente la naîssance du petit Jésus.
Surtout il ne faut pas installer tout de suite le petit Jésus !
Tous les jours on le rapproche de la crèche, enfin à minuit du 25, on l'installe dans sa crèche.
そしてサパン・ドゥ・ノエル(クリスマスツリー)を飾るのと同時に、
サパンの足元や棚の一角などにまるで一つの村を再現したようにジェズー(イエス)生誕の様子を作り上げるのがクレーシュ・ドゥ・ノエル。
*クレーシュには保育園の意味もあります^^
ジェズーの赤ちゃん人形はノエルが近づくにつれ近い位置に毎日移し、25日真夜中にようやく厩(うまや)へ。


Cette coutume remonte au XIIe siècle en Italie, sous un ordre du pape.
A l'arrivée dans le sud de la France, les petits bonhommes se sont appelés "Santon" et sont devenus comme un symbole de Noël.
Pour que ce soit plus vrai, on met des vraies branches ou de la vraie mousse!
Il y en a qui sont très passionés pour faire ça ^^
もともとイタリアでローマ王が命令して作らせたこの人形ですが、
それがここ南フランスにも渡りノエルのシンボルとなり、サントン人形(小さな聖人)と呼ばれています。
クレーシュの装飾にはなんと本物の木の枝やコケを使用!
凝り性の人は相当燃えるらしいです^^
Réveillon, le 24.
Ce jour-là, nous prenons le repas plutôt maigre.
Le grand jour, c'est le 25.
Cependant de nos jours nous avons de plus en plus de familles récomposées et il est difficile de passer le réveillon et la fête de Noël tous ensemble, nous faisons le grand repas dès le soir du 24.
 そして24日の夜レヴェイヨン。
この日は比較的質素に過ごし、25日のお昼が本番。
・・・と言っても近年ではファミーユ・レコンポーゼ(再構成家族)※1が増えており
レヴェイヨンとノエル当日を共に過ごすことができない家族が増えているので、レヴェイヨンにご馳走を用意する家庭もあります。
※1
離婚・再婚を繰り返すことで再構成された家族。

例:フランクは前妻との間に子供が二人。コレットも前夫との間に子供が二人。
フランスでは共同親権が認められるため、フランクの子供たちはフランクと前妻の家に1週間おきに滞在。
コレットの子供たちは独立してそれぞれ結婚、もしくは同棲中。
フランクとコレットの子供たちが一堂に会すには、
フランク前妻と、コレット前夫、さらにコレットの子供たちそれぞれのパートナーの両親、パートナーの両親も離婚していれば彼らの都合まで考慮しないと不可能。
仲のいい再構成家族は結構多く、身近にも毎年ノエルの過ごし方について真剣に悩む仏人多々です。



Le menu traditionnel est...
レヴェイヨンの代表的なメニューは・・・

Apéritif, des huîtres ou du foie gras avec du vin doux pour entrée.
Puis une tourte au saumon, des coquilles St Jacques flambées au cognac ou des boudins blancs et ses pommes à la cannelle et du vin sec...
アペリティフから始まり前菜には牡蠣かフォアグラとVin douxヴァン・ドゥー(甘い貴腐ワイン)。
そしてサーモンのパイ包み焼きや帆立貝のフランベ、白ブーダンとシナモン風味のりんごの付け合せなどとワインは辛口白。

Nous prenons le temps de discuter tranquillement, et quand minuit sonne, ouvrez le champagne !
Les chrétiens pratiquants partent à la messe de minuit après 23 heures.
これらの食事を延々とゆっくりおしゃべりをしながら続け、ジェズー(イエス)生誕の12時にシャンパンで乾杯!
敬虔なクリスチャンはここで中座、ラ・メス・ドゥ・ミニュイ(真夜中のミサ)に合わせ23時過ぎに町の教会へ出かけます。


Dans une famille traditionnelle, on attend la naîssance de Jésus pour apporter le plat,
sinon on mange plus léger et on passe au dessert, à la Bûche de Noël.
伝統的な家庭ならジェズー生誕を祝ってから主菜を食べるのですが、
ヘルシー嗜好の最近はデザートのビュッシュ・ドゥ・ノエル(薪をかたどったケーキ)へ。



La crèche vivante 教会で行われるジェズー生誕劇。



ミサの終わりには周りの人々と握手、ビズを交わし暖かい気持ちになります。

続く・・・・



南フランスのノエル楽しそう!と思った方は、
応援のクリックしていただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は

オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ




0 件のコメント:

コメントを投稿