2012/10/24

自分でレッスンをorganiser(企画)するということ  Tabbyさんより

Bonjour !
このたびTabbyさんがとても役に立つ記事を掲載してくださいましたので、
許可を得てご紹介させていただきます。
いつもありがとうございます。




自分でレッスンをorganiser(企画)するということ

2012-10-21 13:33:21 | Ensemble en Francais
私は、今までいろんな語学スクールを受けてきました。
それぞれのスクールには特異性があり
それらは一長一短ですから、今の自分が何を求めているのかによって
私たちはスクールを選択せねばなりません。

今、私は、フランス語に関しては、他のスクールはやめて
Ensemble en Français のみに絞っています。
(通信教育という類からすると、織田塾にも参加しています)

その第一の理由は、破格な値段で365日、24時間いつでもマンツーマンでレッスンが受けられる からです。

家にいながら、しかもマンツーマンでレッスンが受けられる
まさに理想のスクールでした。


レッスンは自分の好きな先生を自由に予約することができ
レッスン内容も好きなようにリクエストすることができます。


しかしながら、「好きなように」というのが曲者です。
一見、聞こえがいいようですが、
何をしたいかは生徒に任されているので
何の目的もなくレッスンを受けると
ダラダラとした会話のみのレッスンになりがちです。

もちろん、何をやりたいか自分で分からないときは
はっきり講師にそれを伝えれば
先生が手持ちの教材でレッスンをやってくれます。
ただ、継続して同じ先生のレッスンを予約すれば
一貫したレッスンを受けられるでしょうが
その場限りの先生だと、その場限りのレッスンになりがちです。

ここで重要になってくるのは
自分自身で organiser 企画する ということです。
初心者であれば、それは無理な話なので
まずは一通りの文法を教えてもらうことをおススメします。

スクールに、何かしら、いろいろなコースがあり、
そのコース毎のカリキュラムがあれば、それを選択することが可能となりますが
そういうスクールには、やはり高額なレッスン料を払わねばなりません。

しかしながら、安価な価格で効率よく、値段以上のものを習得したいなら
是非、自分でレッスン内容を検討し、講師にリクエストしてみてください。

私の場合は、日本人講師に読解レッスンをリクエストしています。
私のフランス語の目標は、ご存知の方もいらっしゃると思いますが
A la recherche du temps perdu を読むことです。
ただし、いきなりこの本を読むことは難しいと思ったので
その準備編として、少し易しめの小説を選択しました。
その本がとても読みやすかったので、同じ作者の、同じシリーズものを2冊目に選びました。
そして、3冊目には、少し難易度を上げようと思ったのですが
かなりハードルの高い本を選択してしまい、
最初の頃は失敗したなあ~と思いました。
でも、この難し目の本を選択したことにより、
回を重ねる毎に読解力について成長していることを実感できました。
なので、次はいよいよ目標である A la recherche du temps perdu を読もうと思っています。
ずっと同じ先生で受講していると、先生の方からも学習内容や方法について提案が出てきます。
ある日、少し時間があまったので、リピーティングというメソッドを先生が提案。
シャドーイングと似ていますが、先生が一区切り音読し
それを自分で再現するというもので、シャドーイングより難易度が高いメソッドです。
難しいけど、すごく効果があることを感じたので
毎回、レッスンの終わりに、このリピーティングを実践していただくことをお願いしました。

このように、同じ講師を継続していくと
レッスンをやりながら、先生といっしょによりよいものへと改善していくことも可能です。



せっかく、安価な料金でレッスンが受けられるのですから
上手に活用できたらいいですね。



Tabbyさん見習うぞ!と言う方は、
応援のクリックしていただけると嬉しいです


にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします。


フランス語学習は

オンラインフランス語学校 ” Ensemble en Français”でどうぞ



0 件のコメント:

コメントを投稿