2012/08/29

「第1回アンサンブル100%活用選手権」【学習歴1年半以上部門】 エントリーNo.19 小さな大ちゃんさん





【学習歴1年半以上部門】エントリーNo.19 小さな大ちゃんさん です。



1、エントリーカテゴリー
②学習歴1年半以上。結構、長くやってます。

2、フランス語を始めたきっかけ
デカルトやルソーの本を原書で読みたかった。

3、フランス語学習の最終目的
France3の番組(Ce soir ou jamais)に出演するのが夢。

4、アンサンブルでの担当講師
Monsieur Laurent

5、一週間の平均学習時間
フランス語に接している時間は、一日平均2時間で、一週間で12時間くらい。


6、効果的な学習方法 私がお勧めする学習方法 アンサンブルでのレッスン内容

レッスン内容
① 私は、とにかくフランス人みたいな発音になりたいので、先生の許可を得て、授業をTapur(Skype用録音・録画ソフト)で録音または録画してます。
これはフリーソフト(http://www.tapur.com/jp/)です。
授業後、録ったものを聞きなおすわけですが、その際、先生の発音をただ真似るだけでなく、フランス人になった気分で、口調や声も(たまに表情も)できるだけ似せて発音します。
実際に似てなくてもかまいません。そうすると発音するときの口の形も自然によくなります。真似するということ自体が面白くてやってます。

② オンライン雑誌などからフランス語の記事をコピーし、授業前に先生にも送っておきます。
授業でテキストを音読して、発音をなおしてもらうわけですが、予習はあまりしないことにしてます。ちゃんと予習しようと思うと気が重くなるので、ざっと読んで大体の筋がわかるくらいにしておきます。わからないときは、Quest-ce que ça veut dire ?と訊きます。
先生の説明は、授業中によくわからなくてもあとで録音を聞き直すことにして、適当なところで先に進みます。Alors, je veux continuer.

お勧め学習法
①テキストに出てきた表現の意味が一応わかったら、単語でも文でも、できるだけ別の言い方で自分で言ってみて、先生に直してもらいます。
自分で話したフランス語が先生に通じると、そのフランス語には自信が持てて、身につく気がします。

別の言い方が自分で思いつかないときには、先生に訊きます。Est-ce quon peut dire ça autrement ? 先生の説明が聞き取れないときは、書いてもらいます。Voulez-vous écrire ça ? 書いてもらったら、それを自分で発音して、先生に聞いてもらいます。On prononce comme ça ?

②以前、姪がフランス語を学びたいというのでちょっと教えたことがあります。教えることで自分でもよくわかるようになりました。不思議です。apprendreが「学ぶ」と「教える」の両方を意味する理由がわかった気がします。

③教材にするオンライン雑誌ですが、文学好きの方ならLe Magazine Littéraireがお勧めです(magazine-litteraire.com)。この雑誌は有料(6€)ですが、文を選択して転写できるので教材を作るのに便利です。写真や絵画がほとんど毎頁にあり,見ているだけでも楽しいです。私はLa littérature japonaiseの特集号を買って、現代文学から俳句や漫画など、日本文化についての記事をずいぶん教材に使いました。

効果的学習法
①自分が本当に興味を持っているテーマを選ぶのは効果的だと思います。EEF ( Ensemble en Français)で教材もいろいろ用意してくれているわけですが、やはり自分が一番読みたいテキストを探して授業してもらうのがいいと思います。

自分が本当に知りたい話ですと、フランス語がよくわからなくても、何かわかった気になって、やる気が保てますし、もっと突っ込んで質問してみたくなるわけです。

オンライン雑誌やWikipédia français を使えば、いろいろなテーマについてフランス語テキストが見つかると思います。


 

7、逆に役に立たなかった、自分にはあわないと思った学習方法

①まったく役に立たないとは思いませんが、ニュースなどの聞き流しはあまり効果がないと思います。やはり、自分の言いたいことを自分で話してみて、それがフランス人に伝わったという実感がないと、身につかないと思います。



8、個人ブログやホームページのご紹介などありましたらお願いします
無し

 
9、何かアピールがあればどうぞ
自分のアピールというより、Ensemble en Françaisのアピールがしたいです。EEFはすばらしいと思います。

埼玉の自宅にいて、パリに住んでいる先生と日常的にフランス語を話せるなんて、私くらいの年齢ですと、夢のようです。

ベルリン・フィルハーモニーの演奏がインターネットでライブで聴けるようになりましたが、それに匹敵するくらいすばらしい出来事だと思います。

このようなシステムで、他の言葉も学べたらどんなに愉快でしょう。Ensemble en langue du mondeのようなシステムができ、世界中の言葉が学べて、世界中の人と直接話せるようになることだって夢ではありません。

国連はEEFを援助すべきではないでしょうか! Vive EEF !



それでは皆様もどしどしご応募下さいませ^^




参考になるな〜、私も応募しようかな?と思った方は
応援のくりっくをお願い致します♡
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
「とっておき France Infos」
フランスの旬の情報・フランス語情報をお届けします!


0 件のコメント:

コメントを投稿